半年ちょい前の俺へ

半年ちょい前の俺へ

そっちは午前4時だな。

部活で疲れてぐっすりだと思うが、頑張って起きろ

今から言う事をやってくれ。頼む、お前の為だから。しくじるなよ。

音をたてないようにしろ、気づかれるから。

まず、1階に降りて台所から包丁を持ってこい。

そしてお前のバカ兄貴の部屋の前に行き

ドアを開けて部屋に駆け込み一撃でぶった切れ。

バカ兄貴が首を吊ろうとしてる、その柔道の帯で作った輪っかをな。

そうしないとバカ兄貴が首吊って死んじまうぞ。

発見した時の光景と母さんの悲鳴はたぶん一生お前の頭から離れなくなる。

前日まで普通に相談に乗ってもらってた兄貴が次の日には死んでんだぞ

いなくなるんだ

あと兄貴に言ってやれ。

「さんざんアンタをバカにしてきたが、学校じゃ自慢しまくるくらい好きなんだよ。」って

頼む。頼むよ。

頼むからこの文を半年前の俺に送らせてくれよ。

頼むよ。お願いします

「おやすみ。また明日な。」

って言ってたじゃねえか

バカ兄貴。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ