僕とひろ兄のセーブデータ、最強にしといてね【ゲームボーイ】

僕とひろ兄のセーブデータ、最強にしといてね【ゲームボーイ】

俺が小学生だったときの話。

ゲームボーイが流行っていた時期のことだ。

俺は車と軽く接触し、入院していた。

同じ病室には、ひろ兄という病人がいた。

ひろ兄は積極的に俺と遊んでくれた。

そしてその遊びは、全部面白かった。

中でも良く遊んでくれたのが、ゲームボーイのドラクエだ。

ひろ兄「ほらカズくん、ここでAボタンおしてごらん」

俺「え?敵いなくなったよ?僕がたおしたの?」

ひろ兄「そうだよ、カズくん凄いね!」

ひろ兄は、どんなに俺が下手な操作をしてもすごいとフォローしてくれた。

俺は、そんなひろ兄がとても好きだった。

しかし、別れの日が来た。

ひろ兄「今日でお別れだね、カズくん。退院できてよかったね!」

俺「……………」

母「お兄ちゃんと早くお別れしなさい」

俺「……ひろ兄、バイバイ……」

母「さあ、いきましょう」

俺「……僕とひろ兄のセーブデータ、最強にしといてね!約束だよ!あと…、また遊ぼう!」

俺は最後にひろ兄にそういって、退院した。


そして四年後。

俺はひろ兄に会うために、あの病院へ行った。

しかし、ひろ兄の病室がない。 そこで俺は、看護婦の人に聞いてみた。

俺「すいません、ひろ兄の病室はどこですか?」

その言葉を言った瞬間、回りの空気が凍った。

看護婦「まさか、カズくん?」

看護婦「………もう、ひろ兄の病室はないのよ」

そのとき俺は、ひろ兄がもう退院したのかと信じていた。

しかし、それは大きな間違いだった。

俺「もう退院したんですか?」

看護婦「ひろ兄は、もういないのよ…」

信じられなかった。

だからショックも何もなかった。

俺「そうですか…じゃあ帰ります」

看護婦「ちょっとまって、渡したいものがあるの…ひろ兄が渡してほしいって…」

そう言って看護婦が渡してくれたのは、昔ひろ兄と遊んだ『ゲームボーイ』と『ドラクエ』だった。

貰ったとき、すぐにドラクエを始めた。

セーブデータが一つあって、そのデータを始めた。

そのデータには最強の主人公がいた。

そしてラスボスの前、ボスが倒されていなかった。

泣いた。

声をあげて泣いた。

俺にラスボスを倒させようと、残してくれたのだ。

俺は今もそのゲームボーイをもっている。

いつか、ひろ兄と一緒に最後のボスを倒すためだ。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ