僕だけが悲しいんじゃないんだ

僕だけが悲しいんじゃないんだ

1月の朝がとても寒い時に必ず思い出す少年がいます。

当時、私は狭心症で休職して九州の実家にて静養していた時でした。

毎朝、デッカイ黒のラブラドールレトリバー愛犬テツと散歩していた時にいつも遅刻して実家の前の中学校に通ってた少し不良な少年の事です。

いつの間にかテツと仲良くなり、私ともよく言葉を交わすようになりました。

家庭環境は複雑みたいですが、よく部屋に遊びに来るようになったのです。

しかし、何を語るわけでなくテツと部屋でよく遊んでました。

2月、3月と時が過ぎていき次第にその少年は不良のボルテージが上がり髪も染めていきました。

でも私の部屋ではいつも純粋な少年の目で、テツと遊びよく笑ってます。

そんな時でした、急に部屋に遊びに来なくなり、学校にも行ってないようで心配しておりましたら突然夜中に部屋に来て、さよならを言いに来たと言うのです。

どうしたのか聞いても、うつ向いたままでテツの頭を悲しそうに撫でて部屋をでました。

やっとあったかな春が来たのに、それから少年は来なくなりました。

「暖かくなったら遠くまでテツと一緒に散歩に行こう」と約束をしていたのに、来なくなりました。

何があったんだろう…

とても心配な気持ちで、何故かテツも寂しそうな顔に見える毎日を過ごしておりまた。

半年が過ぎ、もうすぐで1年がたとうとしてるまだ寒い時期。

いつしか、その少年の事も気にしなくなっていたある寒い日の夜でした。

愛犬テツが寿命を全うし、静かに眠っていきました。

寂しさで胸が引き裂かれそうな思いでした。

「家族同然に育ったテツと別れることが、こんなにも悲しいものなのか」と、とても落ち込んでいました。

そんな悲しみのどん底であったと思いますが何もしたくなく、何もできなく、何も考えられないほど、私は悲しみの底に沈んでいた時のことです。

1年前にこなくなったあの少年が、急に部屋に遊びにきました。

その少年の顔は、以前よりも、ずっと明るい顔になっていました。

何があったんだろう?

とても興味を惹かれていましたが、最初にテツが亡くなった事を告げました。

少年の顔は、笑顔から一変してクシャクシャになり、周りも気にしないほど大きな声を出して泣いてしまいました。

それを見たわたしも、涙がこぼれました。

テツとの別れを、私と同じように悲しんでくれる少年の思いに泣いてしまいました。

良かったなテツ!

おまえの事をこんなにも想っていてくれた人いたよ。

嬉しいな!

会いたかったよな!

また遊びたかっただろうな!

私と少年は悲しみを共有し、泣き続けました。

どれくらい時間が経ったのか、少年がポツリポツリと語り始めました。

両親の仲が悪く、家にいたくない事から不良仲間とつるんで犯罪を犯し、昔で言う少年院に入ってたようで、半年で出られるのに親が引き取り拒否をして学園と言う親と一緒に過ごせない子供たちが生活する施設に入っていたようです。

「そうだったのか…いろいろあったんだね。」

話を聞きながら、私は最初に思った「なぜ帰ってきてそんなに明るい笑顔になったのか」という疑問について、彼に聞いてみました。

多くを語る少年ではありませんが、その話を精一杯私に話してくれました。

その話があまりに私に衝撃を与え、またとてもかけがえのない素晴らしい人間の愛情を感じたのでここで紹介をして終わります。

半年の少年院が終わりましたが、両親からの引き取り拒否をされてしまい、寂しい思いのまま「学園」と言う施設に行ったそうです。

施設に長期は入れないらしく、3カ所目の施設に行った時の話です。

その施設には4歳から5歳になる小さな男の子がいて、その男の子がとてもその少年になついてきたそうです。

最初はびっくりし、どうしていいかわからないままで生活をしていましたが、先生から「君になついているのでお兄ちゃんみたいにお世話をしてあげなさい。」と言われたそうです。

そして、「他のお兄ちゃん達には懐かない子だから大事にしてあげてね。」とも。

その子供は、すごくわがままらしく手を焼いていた時のことです。

一緒にお風呂に入ると、その子供の背中に違和感を感じました。

背中に、何度も何度も何度も何度も同じところにタバコを押し当てられたようなケロイド状のアザがたくさんあったそうです。

その少年は、その子供のアザを見て涙がでてきたそうです。

こんなにちっちゃいのに、こんなにひどい目にあったのか。

どれだけ悲しかっただろう。

どれだけ痛かっただろう。

辛かったろうなぁ…。

自分が両親からされたことに比べたら、こんなにちっちゃい子がこんなにかわいそうなふうになるまで…。

それを考えたら、涙が幾度も幾度も流れてきて止まらなくなったそうです。

その子供がびっくりしてその少年に聞いたそうです。

「どうしたのお兄ちゃん。」

「ゆうくん痛かっただろう…」

「うんにゃー覚えてないよ。痛かったかどうかも覚えてないよ。」

それを聞いて少年は、涙が止まらなくなったそうです。

僕だけじゃないんだ。

僕だけが辛いんじゃないんだ。

僕だけが悲しいんじゃないんだ。

悲しいなぁ、こんなに心小さかったんだ。

それからは、その少年は子供と仲良く毎日元気に施設で頑張ったそうです。

明るく笑顔が絶えない、そういった生活を過ごしたそうです。

そして、その少年がその施設を出る時のことです。

その子供がその少年から離れません。

お兄ちゃん行かないで。

泣きながらその子供が、その少年にすがりついてくるそうです。

その少年もどうしていいかわからず、たただその子供の目を見つめて抱きしめるだけでした。

すると先生が、

「お兄ちゃんは今から頑張るために行くんだぞ。」

「大好きなお兄ちゃんが頑張るんだから、ゆうくんもここで頑張んなくっちゃね!」

「ゆうくんがここで頑張れなかったらお兄ちゃんは凄く悲しいと思うよ。」

するとその子供は涙をふき取りふき取り小さい声で、

「僕がんばる!お兄ちゃん僕がんばる!お兄ちゃん僕がんばるから!」

すがりついていたその子どもは、お兄ちゃんから1歩離れて最後は大きな声で言ったそうです。

「僕、泣かないで頑張るからね!」

その少年はこらえていた涙がもう我慢できなくなったそうです。

そして、その場に崩れてしまったそうです。

「よっしゃ!頑張ってこい!」

先生から声をかけられて我に戻り、その場を去って行ったそうです。

そう語り終わった少年の涙はキラキラ輝いていました。

大人の自分がこんなにも頼りないものなのかと、とても反省させられました。

この子たちの信頼関係、出会いと別れ、こんなにも素晴らしい人間としての愛があるのかと。

いつまでも忘れられない思い出として反省し、心を洗われるこの思い出を大切にしていきたいと感じる1月の寒い夜のことです。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ