俺、母さんが泣くのを見るの初めてだった

俺、母さんが泣くのを見るの初めてだった

うちは親父が仕事の続かない人でいつも貧乏。

母さんは俺と兄貴のためにいっつも働いてた。

ヤクルトの配達や近所の工場とか、土日もゆっくり休んでたっていう記憶は無いな・・・

俺は中学・高校の頃はそんな自分の家庭が嫌でしょうがなかった。

夜は遅くまで好き勝手遊んで、高校の頃は学校さぼって朝起きないことも多かった。

んで、高校卒業してすぐの頃、仕事もしないで遊んでて、当然金は無い。

そこでやっちゃった。

盗み。

詳しくは言えないけど、まあ、空き巣だね。

ただ、小心者の俺はその日に自首したんだ。

良心が、とかじゃなくてびびっただけw

警察に俺を迎えに来た母さんはほんとに悲しい顔してた。

でも、泣いてはなかった。

一緒に家庭裁判所行ったときも、割と落ち着いてたね。

裁判所の帰りの電車で俺あやまったんだ。

ボソッと「ごめん。」て。

そしたら、

「お母さんこそお前に申し訳ないよ。ろくに小遣いもやれないで・・・本当にお前がかわいそうで・・・すまなくって・・・」

俺、電車の中でぼろぼろ泣いた。

声出して泣いてたと思う。

何やってんだ俺、何やってんだ俺。

って思って、情けなくて申し訳なくて・・・

ここでも母さんは泣いてなかったな。

ただ、じっとうつむいてただけだった。

俺はその後、必死になって勉強した。

昼はスーパーでバイトして、夕方からは受験勉強。

そして翌春に何とか大学に合格。

バイトは続けながら大学生活が始まった。

でも、母さんはなんとなく俺のことがまだ心配なようだった。

母さんも相変わらず働きづめだから、そんな生活の俺とはあんまり会話がなかったし、家が貧乏なのに変わりは無かったしね。

だから俺、入学後も一生懸命勉強した。

自分の為っていうより、母さんを安心させてやりたかった。

それで大学1年目の終わりに、

「母さん。ちょっと見せたいものがあるんだ。」

そう言って、紙を一枚渡した。

大学の成績通知書。

履修した科目が全部『優』だったから(マジ)。

最初は通知書の見方がよくわかんなかったみたいだけど、説明したら成績が良いのはわかったみたい。

母「へえ、すごいね・・・母さん科目の名前みてもよくわかんないけど、すごいんでしょ?これ。」

俺「すごいかどうかはわかんないけど・・・」

母「・・・すごいね。・・・偉いね。」

俺「だからさ・・・こんな物だけで偉そうに言うのもあれだけど・・・俺、もう大丈夫だから。母さんを裏切ったりしないから。」

そしたら、母さん泣き出しちゃった。

もう号泣。

そこで気付いたんだけど、

俺、母さんが泣くのを見るの初めてだった。

きっと、何があっても子供には涙は見せないようにがんばってたんだと思う。

それを思ったら俺も泣き出しちゃったw

母さんより泣いてたかもw

はあ・・・親孝行しなきゃな・・・

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ