今あるのは本当にあんたのおかげです

今あるのは本当にあんたのおかげです

俺は、いわゆる母子家庭、一人っ子で、母親と二人で18歳までは京都に住んで、大学に入ってからは東京で一人暮らしている。

ちなみに俺と母親とは40歳離れている。

小学校の時は

「俺の母親だけ何でこんなババアやねん!もっと若かったらなあ。」

「なんで俺のところだけ、父親いないねん、こんな貧乏やねん」

っとか不満に思っていた。

母親と言い合いになれば、

「違う家に生まれたかったわ!最低や」

とか平気で言っていた。

母親には18歳までは反抗しまくりで、よく言い合いをしていたから、東京に来て、のびのびできるとせいせいしていた。

上京後2年は、お盆、年末年始ぐらいしか顔をあわせなかったが、仕送りだけは毎月もらっていた。

親への甘えを、当然のこととして受け止めていた。

そんな母親が、俺が20歳の秋、くも膜下出血で享年60歳で急逝した。

ほとんどいない親族だけでひっそりと葬式をあげ、位牌と遺産800万円だけ東京に持ってきた。

その位牌も、彼女が家に来るという理由で押し入れに入れ、そのままにしていることも多かった。

徐々に、母親のことを考えることも減っていった。

いや、わざと忘れるようにしていたのかもしれない。

母親が死んでから1年半、俺が21歳の冬。

就職活動の際、本籍を東京に移動させる。

京都の家を売る。

自分の戸籍抄本をとるために京都に帰った。

そのとき、受け取った書類を見ていると何か違うと気づいた。

「養子縁組届がでている・・・母親が養親となっている・・・」

21歳で初めて養子であることを知った。

俺は考えた。

考えた。

悪い頭で考えた。

混乱しながら、京都の家に帰り、1年半放ったらかしにしていた家の整理を行った。

呆然としながら、母親と写った写真、母親の遺品を見て、初めて思い出を振り返っていた。

これまでは避けていた。

あえて避けていた。

すると、これまでそんなこと無かったのに、急に体が震え、涙が出て、嗚咽が止まらなくなった。

「○○ちゃん(俺の名)4歳の誕生日」

「○○ちゃん 入学式」

こんなタイトルのアルバム。

母親が撮ってくれていた写真。

俺の写真ばっかり・・・

丁寧に、コメント入りで、収められている。

俺がいないときに見ていたのだろうか。

何度も何度も見ていた痕跡がある傷んだアルバム。

その中で、俺はなんて幸せで無邪気な顔してんだよう・・・

俺は、恥じた。

死ぬほど恥じた。

今は骨くずのみになってしまった母親。

その位牌を粗末に押し入れにしまい放っている今の自分に。

忙しい日々で母親のことを忘れかけている自分に。

こんなどうしようもないアホ息子のわがままを聞いて、何も言わず、独りで20年育てくれた母の後ろ姿を思い出す度に、母の無償の愛に対して、

「ありがとう」

の言葉一つ言ってこなかった自分の愚かさ加減に打ちのめされた。

残してくれた800万円も母親の年収からすれば、どんだけ切りつめて貯めてくれたのか・・・

思い出せば、着飾った母親の姿をみたことがない。

母親の20年間は俺のために生きた20年と言ってもいい。

『母親にとって自らの幸せは何だったのか?』

と考えた。

母親も一人の女性。

悩み、苦しんだ時もあっただろうに・・

そして、そんなとき、この俺は母親に何をしてあげてきたのか・・・

何もしてこなかった。。

何一つ。

「○○ちゃん(俺の名)の顔を見ているだけで、お母さん幸せだわ・・・」

今思えば、当時はうざいと聞きとばしていた、母親のこの言葉が唯一の救いだ。

俺は、今は22歳。

来春から、晴れて社会人になる。

母親が大好きだった紫のスイートピーを霊前に飾りながら、俺は思う。

今あるのは本当にあんたのおかげです。

そして、俺はあんたのたった一人の息子です。

照れるが、あんたが母親で良かった。

世界一の母親だよ。

立派な男になって、必ずあんたが誇れる男になります。

あんたとの20年間、ほんとに幸せでした。

ありがとう。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ