些細で馬鹿な思い出が、私の中でホローリとくる思い出

些細で馬鹿な思い出が、私の中でホローリとくる思い出

実家が港町で蟹が取れるので、季節になると度々母が蟹を送ってきてくれていた。

ある日、母に

「蟹は、身を取るのが面倒でねー」

と何気なく言った。

すると、その後送ってきてくれた蟹は、見事にほぐした後の蟹の身パックだった。

驚いて母に電話してみると、

「ほぐすのが大変だっていうから、一晩かけてほぐしちゃったよ」

と笑っていた。

その電話で

「その荷物の新聞紙にいいものが張り付いているから、ちゃんと見てね!」

とも言われた。

良く新聞紙を見てみると、張り付いた一万円札が…。

いつも、娘のウケを狙う母親だった。

荷物に空瓶入れてタイトルが「○○(田舎の名前)の空気♪」

とか、留守番電話に入れる最後の言葉は

「バイナラ」

だったり…。

去年母が亡くなって、こういう凄い些細で馬鹿な思い出が、私の中でホローリとくる思い出に変化した。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ