一冊のノート

一冊のノート

私の家族は父、母、私、弟の四人家族。

弟が、まだ六歳の時の話。

弟と私は十二才離れてる。

凄く可愛い弟。

だけど遊びさかりだったし、家に居れば父と母の取っ組み合いに巻き込まれる。

だから、ほとんど家には帰らない日々だった。

弟は毎日恐く、淋しかっただろう。

ある日家に帰ったら、お酒ばかり飲んで人の顔を見れば殴る父が座って、一冊のノートを見ながら泣いていた。

私も、ノートを覗き込んだんだ。

そしたらね、父が急に

「ごめんな」

って言うの。

よく見たら、弟がまだ汚い字で物語を書いてた。

僕には楽しいパパ、優しいママ、いつも笑顔のお姉ちゃんがいる。

いつも皆で、おいしいご飯を笑いながら食べる。

毎週日曜日は、家族でお出かけをする。

僕は皆にいつも、いい子されて幸せいっぱい。

毎日笑顔がいっぱい。

そんなような事が、沢山書かれてた。

普通なら当たり前なのに、私の家では出来ていなかった事が想像で沢山かかれてた。

紛れもなく弟の夢が描かれてた。

父と泣きながら読んだ。

母がパートから帰ってきて、母も読み泣いた。

その日の夜は、揃って鍋をした。

弟は初めての体験。

凄い笑ってた。

父も母も私も照れながら、笑った。

それから、少しづつ弟の物語は現実になった。

今では笑顔沢山の家族になりました。

弟の物語はあれ以来、書かれなくなった。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ