ロッキーは俺を助けてくれた

ロッキーは俺を助けてくれた

普段俺のことをバカにしまくってるドーベルマンのロッキー。

しかし、小学生のとき、ロッキーは俺を助けてくれた。

当時お袋の実家に帰省していたとき、近所のデカい川にロッキーと一緒に遊びに行った。

川の石を渡って真ん中までたどり着いたとき、足元のコケに滑らせて転落してしまった。

落ちた場所はギリギリ足が着く深さだったんだが、流されるうちに深い場所にいってしまい、パニくった俺は泳ぐことも忘れ溺れていった。

釣り人はもっと上流の方に行かないといないし、道路からも遠いので溺れながらも必死で叫んでも、誰も来ない状況。

しかも川の水は冷たく、段々力が抜けていった。

死を覚悟し始めた頃、目の前にロッキーがいて、俺のシャツを噛んで川の岸に運んでくれた。

正直ロッキーが来るのはありえないと思ってた。

だって俺はロッキーが逃げないようにリードを階段の手すりに結んでいたから。

どうやってロッキーは来れたんだろうって思って水を吐いて落ち着いてからロッキーを見ると、リードが噛み千切られていた。

首からも余程暴れたのか血が出ていて、こんなに必死になって俺のことを助けてくれたのかと思うと、小学生ながらも感動して、号泣した。

それ以来ロッキーは俺のヒーロー。

もしロッキーに何かがあったら、次は俺が助けてやりたいと思う。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ