メロンパン

メロンパン

ふと気がつけば、もう随分と昔の話。

学校帰りに東武のデパ地下を通りかかると、丁度パン屋でメロンパンが焼きあがったところだった。

試食させてもらうと中々美味かったので、俺はオヤジへの土産と自分の分の二つを買った。

甘いものが好きで子供舌なオヤジの事だから、多分メロンパンも好きだろうと思ったのだ。

当時、オヤジはガンの手術を受けた直後。

家のベッドで療養していた。

衰弱して手足を満足に動かせないオヤジに、俺はメロンパンを千切って食べさせた。

「うん、美味いな」

「だろ?だから思わず買ってきたんだって。もっと喰う?」

「……いや、いい」

オヤジはメロンパンを二欠片しか喰ってくれなかった。

ちょっと拍子抜けして、俺はほぼ二個のメロンパンを平らげた。

それから数ヶ月。

転移したガンにやられ、オヤジは51歳で天国へ長期出張。

通夜・葬式と慌しく時間が過ぎ、やっと一段落した時、俺は初めてお袋にあの時のメロンパンの話をした。

そこで初めて知った事が二つ。

オヤジはそんなにメロンパンが好きではなかったという事。

あの時、既にオヤジは口から食べ物を摂取できる状態ではなく、たった一片のメロンパンでさえ食べるのが苦しかったはずであるという事。

オヤジは無理してメロンパンを食ってくれたのだ。

断ってしまって、俺が傷つかないように。

メロンパンを見せた時の「おぉ!」という声と笑顔。

「喰う?」と聞いた時にも、躊躇い無く「喰う」と答えてくれた。

思い出して、涙が止まらなかった。

一昨日、職場のおばちゃんが美味しいメロンパンを買ってきて、俺におすそ分けしてくれた。

俺が思わず涙ぐんだ理由をおばちゃんは知らない。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ