ピアノが上手な全盲の女の子を好きになりました

ピアノが上手な全盲の女の子を好きになりました

一昨年の今日、僕は告白しました。

生まれて初めての告白でした。

彼女は全盲でした。

それを知ったのは、彼女のピアノの上手さに感動した後のことでした。

僕はすごくびっくりしました。

そして同時に、めちゃくちゃ悲しくもなりました。

そんで助けてあげたかった。

なんでもいいから、僕は彼女の力になりたかったんです。

今思うと、それは僕のエゴだったんですけどね。

彼女は全盲だということを、あまり意識されたくないようでした。

僕がやれる事は、彼女のピアノを聴いてあげることと。

日頃の悩みや、その日の出来事を聞いてあげることでした。

そんなコトをしてるうち、僕は彼女の優しさや強さに惹かれました。

そしてイブの夜、クリスマスパーティーの帰りで彼女が車を待つ間に思い切って告白しました。

「大好きだ」ってね。

そしたら彼女が、「もうちょっと近づいてくれ」っていうんです。

僕は言われるまま近づいた、そしたら。

彼女は、優しく僕の顔に両手で触れたと思ったら、

そのまま唇を合わせたんです。

全盲の子ですよ?

僕は嬉しさと驚きと、とにかくすごい色々な感情が廻ってきて、泣いてしまいました。

いつも彼女に「泣くのはカッコ悪い」って言ってたのに。

間違いなく声でばれてんのに、彼女は気付かないふりをしてくれました。

その後、彼女はいろいろな経緯を経て手術をすることになり、しばらく離れ離れになったわけです。

その間僕は、めちゃくちゃ不安でつぶれそうでした。

ただひたすら手術の成功を祈りつづける毎日。

失敗したらどうなるかは教えてもらえなかったし、調べなかった。

そんな勇気さっぱりなかったんです。

で、祈りが通じたのかな。

手術は成功して、彼女の目に光が戻った。

その後初めて、僕と会ったときに彼女はこれでもかってくらい抱きしめてくれました。

手術が不安な時、僕に励まされたこととか思い出したっていってくれました。

僕はこのときも泣いてしまいました。

「もうしらないふりできないからね」

僕はそのセリフに感動して、彼女のことを負けないくらい抱きしめた後、その時初めて僕のほうから彼女にキスしました。

(告白の時からずっとしたことなかったんです)

今もまったりと仲良くやっています。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ