パパ、3年間もひとりにしてごめんね

パパ、3年間もひとりにしてごめんね

父を肺がんで亡くしました。

海外に単身赴任している3年間のうちに病魔に蝕まれたらしいです。

帰国したときにはもう末期で、手の施しようがありませんでした。

気丈で、一度も痛いとも辛いとも言わず、たった2ヶ月の闘病生活で

逝ってしまった父。

1ヶ月後、元の職場から船便で父の私物が送られてきました。

私には読めない外国語の書類、懐かしい父の匂いのする衣類などなど。

母と思い出話をしながら、それでもまだ懐かしさの方が勝って、

涙は出ませんでした。

いろいろ開けているうちにひとつの段ボールに目が留まり、中をあけてみました。

出てきたのは箱いっぱいの漢方薬。

ありとあらゆる種類の胃の薬。

痛み止め。

医学書。

父は胃がんではありませんでした。

肺がんが全身に転移していたのです。

それなのに胃が悪いと思いこんで、こんなにたくさん薬を買って、

これも効かない、あれも効かないと次々に試していたのかと思うと

急に涙があふれ、体が震え、絶叫してしまいました。

「こんなに辛かったんなら、何で病院行かなかったの!」

パパ、3年間もひとりにしてごめんね。許してね。

パパの病気に気づいてあげられなくて、死なせてしまって、ごめんね。

遅く産まれた私をあんなに可愛がってくれたのにね。

今度パパが生まれ変わった時もきっと私を娘に選んでね。

本当に本当にありがとう。パパの娘でよかったよ。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ