ダメなおかあさんで、ごめんね

ダメなおかあさんで、ごめんね

人前ではほとんど泣いたことのない俺が、生涯で一番泣いたのはお袋が死んだ時だった。

お袋は元々ちょっとアタマが弱くて、よく家族を困らせていた。

思春期の俺は、普通とは違う母親がむかついて邪険に扱っていた。

非道いとは自分なりに認めてはいたが、生理的に許せなかった。

高校を出て家を離れた俺は、そんな母親の顔を見ないで大人になった。

その間実家に帰ったのは3年に1回程度だった。

俺もいい大人になり、それなりの家庭を持つようになったある日、お袋が危篤だと聞き急いで病院に駆けつけた。

意識が朦朧として、長患いのため痩せ衰えた母親を見ても、幼少期の悪い印象が強くあまり悲しみも感じなかった。

そんな母親が臨終の際、俺の手を弱々しく握りこう言った。

「ダメなおかあさんで、ごめんね」

精神薄弱のお袋の口から出るにはあまりにも現実離れした言葉だった。

「うそだろ?いまさらそんなこといわないでくれよ!」

間もなくお袋は逝った。

その後、葬式の手配やらなんやらで不眠不休で動き回り、お袋が逝ってから丸一日過ぎた真夜中のこと。

家族全員でお袋の私物を整理していた折、一枚の写真が出てきた。

かなり色褪せた何十年も前の家族の写真。

まだ俺が、お袋を純粋に大好きだった頃。

みな幸せそうに笑っている。

裏には下手な字(お袋は字が下手だった)で家族の名前と当時の年齢が書いてあった。

それを見た途端、なぜだか泣けてきた。

それも大きな嗚咽交じりに。

いい大人がおえっおえっ泣いてる姿はとても見苦しい。

自制しようとした。

でも止めど無く涙が出てきた。どうしようもなく涙が出てきた。

俺は救いようがない親不孝ものだ。

格好なんて気にすべきじゃなかった。

やり直せるならやり直したい。

でも、お袋はもういない。

後悔先に立たず、とはまさにこれのことだったんだ。

その時、妹の声がした。

「お母さん、笑ってる!」

皆布団に横たわる母親に注目した。

決して安らかな死に顔ではなかったはずなのに、表情が落ち着いている。

うっすら笑みを浮かべているようにさえ見えた。

「みんな悲しいってよ、お袋・・・。一人じゃないんだよ・・・」

気がつくと、そこにいた家族全員が泣いていた。

・・・あれから俺はことあるごとに両親は大切にしろと皆に言っています。

これを読んだ皆さんも、ご健在であるならばぜひご両親を大切にしてほしい。

でないと、俺のようにとんでもない親不孝ものになっちゃうよ・・・。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ