コロはきっと誰かに飼われ、幸せに老後を暮らしてる

コロはきっと誰かに飼われ、幸せに老後を暮らしてる

俺が小学生の頃、夜だけ、家に、寝に来るコロって呼んでた野良犬がいたよ。

家は団地だったので、俺と母ちゃんが動物好きだったけど我慢してたんだ。

共働きだし、家に閉じ込めておくのは可哀想だしね。

賢い犬でさ、朝は俺と一緒に学校まで行ってた。

紐はつけない。

教室から試しに呼んでみたら(授業中)、見事に来たことあったからびっくりした事もあった。

その後は夕方まで、勝手に遊んでたみたい。

ちゃんと帰ってくるからね、寝るために。

しかも、俺ん家は5階で、周りは似たような建物、入口ばっかなんだけどわかるみたいなんだよね。

家に誰もいなくてもドアの前で待ってた。(きっと隣の人とかは迷惑したろうな)

いろんな家で、世話になってたみたいで違う名前で呼ばれてるのを見たこともある。

でも夜には帰ってくるから、きっと家の事を気に入ってくれてたんだと思うな。

コロが、急に来なくなった。

とても心配して、何日も俺は探し回ったんだけど見つからなかった。

母も俺も、きっと誰かちゃんと飼ってくれるいい人につれてかれたんだよと諦めた。

それから、10年以上も経ったある日。

俺ん家はめでたく一軒家に引っ越していたのだが、この間、母ちゃんが団地で仲のよかったおばちゃんとお茶したときに聞いた話。

そのおばちゃんはコロの行方を人づてにきいたらしい。

どうも、団地の近くの広い道路で車に轢かれて、逝ってしまったとの事。

コロは賢い犬で車に轢かれるような犬じゃなかった。

どうやらその道路の反対側、ちょっと遠くに、俺がいたらしいんだ。

コロは、俺を見つけて、飛び出したのかもしれない。

アイツは、いつも俺を見つけると喜んで飛んできて遠くからでも体当たりかましてくる奴だったんだ。

今でも俺は、コロはきっと誰かに飼われ、幸せに老後を暮らしてると信じてる。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ