ゆきをとってきて、おねがい

ゆきをとってきて、おねがい

「ゆきをとってきて…おねがい、ゆきがみたい…」

あなたはそういって、雪をほしがりましたね。

季節外れの雪を。

あれから何年も時が経ちました。

あなたは、ゆっくり休めているでしょうか。

僕に向かって、雪がほしいとせがんではいないでしょうか。

あなたの癌が発覚したのは、ちょうど今頃、梅雨時でしたね。

あなたが一番初めにそのことを報告したのは、両親ではなく恋人の僕。

「私ね、癌が見つかったの。絶対元気になって帰ってくるから、待っててね」

あなたがそう言ったことを、よく覚えています。

あなたがなぜか笑っていたことも。

ここは田舎。大きな病院などあるはずもなく、あなたはここから遠く離れた街の病院に入院した。

僕はできることなら、毎日お見舞いに行きたかったんだよ。

でも…、僕にも大学があった。

行きたかったけど、そっちの講義を受けていたんだ。

あなたも、「大学に行きなさい、あなたの夢をかなえて」って、言ってくれたから。

本当に、すぐ直るんだって思ってたんだ。

でも、癌はあなたの身体を確実に蝕んでいて。

ようやく得た休暇を利用して、あなたの元に駆けつけたんです。もうすでにあなたは起き上がることすら苦しいというところまで、悪化していた。

それでもあなたは、僕に大学の話をしてくれとせがんだ。

あなたの笑顔は、変わらずまぶしかった。

そしてあなたは言ったんだ。

「ゆきをとってきて…おねがい、ゆきがみたい…」

僕は困った。こんな真夏の本州に、雪があるはずがない。

でもあなたは、冬は毎週スキーに行くぐらい、雪が大好きだった。

「…今からとってくるよ」

僕がようやくそれだけ言うと、あなたは満足げに笑っていましたね。

僕はあなたのために、スケッチブックを置いていきました。

あなたがさみしくないように…。

雪景色の次に好きな絵をたくさん描けるように…

僕に残されていた道は、一つしかありませんでした。

「富士山に登る」っていう道。

そこぐらいしか、真夏に雪が残っているところなんて、考えられなかった。

そこに僕はクーラーを持って行って、ちょっとだけ雪を持って行ったんだ。

あなたのために。

山を下りたころには溶けかかっていたけれど、それでも僕はあなたの元に運びました。

だけど、僕が帰った時には、あなたはすでに旅立っていました。

彼女の母から話を聞くと、僕がいなくなった途端、容体が急変したらしい、享年19だった。

最期までそばにいればよかった。

僕が後悔したとき母親は、

「これでよかったんです…」

と答えた。

理由を聞くと、雪が見たいというのはただの口実で、本当は僕に心配をかけたくなかったからだって…

「あの子の彼氏でいてくれて、本当にありがとう」

たくさん、感謝された。

あなたとあなたのお母さんに一番感謝しているのは、僕の方なのに。

ああ、くそっ。

間に合っていれば。

悲しくて涙も出なかった。

その時、病院のベットのわきにあるサイドテーブルの上に、置いてあるものを見つけた。

僕が渡したスケッチブックだった。

そこには、一面の銀世界が描かれていた。

あなたが書いた、最後の絵。

その裏に、メッセージが残してあった。

「私がいなくなっても、悲しまないで!私は、雪と一緒にいつもあなたのそばにいるから!!大好きだったよ!ありがとう!!」

今度こそ本当に、涙が零れ落ちた。

あなたは苦しい息の下で、僕のことを気遣ってくれたというのですか。

「…ありがとう」

僕は泣きながら、いつまでも感謝の言葉を呟いていた。

雪を渡すのは、間に合わなかったけれど、あなたはそれでもよかったのですか?

最期の時に一緒にいてあげられなくて、ごめんなさい。

でも、一つだけ言わせてください。

僕も、あなたのことが大好きでした。

いいえ。あなたのことが「大好きです」。

今も。

雪を見るといつもあなたを思い出します。

あなたの大好きだったものだから。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ