もう居ないんだよ

もう居ないんだよ

嫁と娘が1ヶ月前に死んだ。

交通事故で大破。

単独でした。

知らせを受けたとき、出張先でしかも場所が根室だったから 、帰るのに一苦労だった。

でもどうやって帰ったかほとんど覚えてない。

病院の霊安室に包帯ぐるぐる巻きで横たわってた。

娘は全身ぐるぐるだった。

話しによれば、ぺちゃんこだったみたいだ 。

こういう状態なので、葬式の前に火葬ということになった。

殆ど覚えてなく、葬式も密葬にしてたみたいで殆ど親戚以外来なかった

でも、幼稚園の先生と嫁の仕事先の上司はきてたかな 。

骨壷みて泣き崩れてくれた。

おれは涙が出なかった。

とりあえず葬式関係が終わって、家にかえる。

干しっぱなしの洗濯物、作りかけのご飯

作っておいたお菓子、つけっぱなしのPC。

クックパッドがついていた

夜がきても当然、一人。

朝が来ても、一人。

仕事に行く気もなく、いろいろと整理をしてると、だんだん思い出してくる嫁と娘の姿や声。

二度と会えない。

「もう会えないんだ」と感じてくると、それから3日ぐらい泣きながら過ごした。

自殺しようとしたが、死にきれなかった。

臆病者だ。

毎朝、嫁と娘の夢を見る。

決まって嫁は「頑張ってね」と俺を玄関で送り出す。

俺は娘にチュウをして、嫁にもして仕事場に行くんだが、知らない奴に「もう居ないんだよ」と言われて起きる。


寝れない。

いや、寝たけどまた嫁達に『チュウしていないんだよ』って言われて起きた。

体がだるい。

体がだるいときよく嫁はぬるめの白湯とビタミン剤くれた。

肩がこったときは、一所懸命にもんでくれたな。

嫁にハスカップが旨かった話しや、焼き鳥弁当の話ししたかった。

家に帰るとき蟹とエビとホタテと昆布買って、娘にまりもっこり買う約束もしてたの思い出した。

そういえばスワンって道の駅からとった写メ送ってなかったや…

娘の小さな布団敷きっぱなし。

嫁のカーディガンは、椅子にかけっぱなし。

みんな辛い思いは時間が解決すると言ってくれるけど本当なのか?

乗り越えた奴は超人じゃないのか?

俺にはどうやら出来そうにない

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ