みんなと仲良くしたかったです

みんなと仲良くしたかったです

高校三年の時。

ウチのクラスは本当に仲良くて、毎日毎日ワイワイやってた。

ただ一人を除いて・・・

ケババァってあだ名の女子がいた。

女子と言っても二年も留年してるからもう二十歳で、超ギャルで、ケバくて、超美人だけどツンとしてて、ブランド物をジャラジャラつけて、香水プンプンで。

彼女はクラスの輪に入ろうとはしなかったし、みんなも彼女を避けていた。

楽しかった一年があっという間に過ぎ、卒業式の日が来た。

最後にクラスみんなで輪になって、一人一言ずつお別れの言葉を言うことになった。

その時のケババァの言葉。

「私は白血病で入院していた為、二年間も高校を休学していました。

もう二十歳なのにコスプレみたいと思われたかもしれないけれど、オシャレをすることはガリガリでハゲ頭だった入院中の私の夢でした。

だけどホントはオシャレよりもしたかったことがあります。

みんなと仲良くしたかったです。」

そう言った彼女は目に涙をいっぱい溜めて、とても綺麗で、ツンと何てしていなかった。

それまでヘラヘラしてた奴らも泣き出していた。

彼女の言葉を一学期に聞いていたなら、きっと彼女にとって楽しかった一年になったに違いない。

何だか凄く悔しかった。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ