ふと口をついた言葉が『いってきます』でした

ふと口をついた言葉が『いってきます』でした

もう二十年位前の話です。

私は小さい頃親に離婚されて、どっちの親も私を引き取ろうとせず施設に預けられ、育てられました。

そして三歳くらいの時に、今の親にもらわれたそうです。

当時の私はその自覚などしていませんでした。

記憶は無く、その親を本当の親と思って中学二年まで過ごしてきました。

そして、突然の父との別れが訪れました。

脳梗塞で帰らぬ人になりました。

そして、そんな最悪の時に

『私とその親は家族ではない』

ということを、親戚の方から偶然にも知ってしまったのです。

葬儀のあと私は母を問い詰め、本当の事を聞きました。

その時を境に、私は母を嫌いになりました。

死んだ父でさえ、嫌いになりました。

多分、裏切られたとか思ったんでしょう。

元々、家が裕福ではありませんでした。

ですから父が死んでしまったので、母が働きに出ざるを得ませんでした。

母は朝は近くの市場で、昼から夜にかけてはスーパーで働きました。

それもこれも全て、私のためのものでした。

ですが、当時の私にはそれすらもうっとうしく思えてなりませんでした。

時には、登校の時間と母が市場から帰ってくる時間がちょうど重なってしまうこともありました。

友達と登校していた私。

ボロボロになった母と家族であるということを友達に知られたくなく

「いってらっしゃい」

と言う母を無視しては友達に

「誰あれ、気持ち悪いんだけど」

という悪口すら言っていたものでした。

それを察してか、次の日にはわざと目を伏せ、足早に私とすれ違っていきました。

でも、それでも、母は何一つ文句をいわず働いてくれていました。

そんな日が一ヶ月くらい続いたと記憶しています。

そんな雨の日、雨合羽を着て市場から帰ってくる母とすれ違いました

当然、無言です。

その姿はなんとも淋しく、哀しく、辛そうに見えたのです。

涙が溢れました。

ぐしゃぐしゃに泣きました。

私は一体何をしているのか。

ボロボロになってまで私を育ててくれているあの人を、私は何をうっとうしく思っているのかと、凄まじい後悔が私を襲いました。

私は友達の目も気にせず、母に駆け寄りました。

でも、何を言っていいかわかりませんでした。

その時、ふと口をついた言葉が

「いってきます」

でした。

言えた言葉はたったそれだけ。

でも、母は一瞬驚き、そして泣きました。

そして、何度も何度も

「いってらっしゃい」

と言ってくれました。

私が友達の元へ戻ったあとも、母は私を見ながら手を振って

「いってらっしゃい」

と言ってくれていました。

今では、彼女こそが本当の私の母親です。

たとえ戸籍上はどうあれ、そう思っています。

恩は返しきれないくらいあります。

母は

「それが親の勤めだよ」

と言いますが、でも、じゃあ今度は子として親の面倒を見ていきたいです。

この人が母親で、最高に良かったと思います

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ