にーやん、あんねー、シノ、ショートケーキ食べたいん

にーやん、あんねー、シノ、ショートケーキ食べたいん

俺の妹さ、俺が17の時死んだのよ。

今からもう8年前。

まだ6歳でさ。

末っ子で、男兄弟ばっかだから、兄貴も弟も猫かわいがりしてたね。

でも、元々病弱で、ちっちゃくてさ。

それでも、めちゃくちゃ可愛くてさ、ちょっとしたことでも、泣くんだよ。

「兄ちゃん、兄ちゃん」って。

いっつも俺の後、ついてくんの。

街のケーキ屋のショートケーキが大好きでさ、一週間に一回ぐらい、バイト代で買ってやってた。

食ってるとき「おいしいー」って笑う妹が、とっても可愛くてさ、すっげぇ可愛くて…

妹が発作で倒れたって聞いて、俺、学校からバイク飛ばして、中学校で弟拾って、即効病院に行った。

色んな機械つけて、妹は寝てた。

おかんとばあちゃんが「もうだめだぁ…」って。

「シノを連れてかんといて!お願いや」って、妹生まれてすぐに亡くなってるじいちゃんに拝んでるし。

シノを抱くことなく逝ってしまったじいちゃんは、死ぬ間際まで「シノを抱っこしたいなぁ」って言ってた。

俺が行って「シノ!シノ!!」って呼ぶと、意識が戻った。

「にーやん、あんねー、シノ、ショートケーキ食べたいん」

「いっぱい買って来てやるから死ぬな!寝るな!おきてんだぞ!」

って、俺はケーキ屋からあるだけのショートケーキ全部買ってきた。

でも、妹死んじゃったよ。

俺がショートケーキ買って来て病室のドア開けると、妹が笑ってて、

「買ってきたぞ!シノ、食って元気出せ!」

って、一口食わした。

「おいしいー…ありがと、にいや」

って、笑って目を閉じてソレっきり。

すぐに、ピーーーーーーーって、機械が。

電気ショックとかやっても無駄だった。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ