ちょっと感動した話 vol.1

ちょっと感動した話 vol.1

素敵な老夫婦

前を歩いていた80歳くらいの老夫婦。

お婆さんがかなりいっぱい荷物持って、

お爺さんは手ぶら。

なんてひどいお爺さん…と思っていたら、

少しして

「じゃんけんぽん!」

「やっと交代だ」

「負けちまったか」

と二人とも満面の笑顔。

いくつになってもこんな素敵な関係でいられる2人が

とても羨ましかった。


かっこいい男子高校生

電車で泣いちゃった赤ちゃん。

「ちょっと、子ども黙らせなさいよ!」

とキレるおばさん。

そのおばさんに

「じゃああなたは場をわきまえて

泣く赤ちゃんだったんですか。

誰にも迷惑かけず

自分の子ども育てたんですか」

って言った男子高校生。

高校生かっこよかった!!


先生の最後の宿題

とある学校の、病気で亡くなった先生の話。

先生は、生徒に向けて最後の宿題を残しました。

「幸せになりなさい」

君たちが宿題を出す頃に、おそらく僕は天国にいるでしょう。

急いで報告に来るな。

ゆっくりでええから。

いつか面とむかって

「幸せになったで」

ときかせてください。

待ってるで。


あの女子高生はいい女になるぞ

電車で障がいのある方が呻き声を出して、男子高生が

「きめぇー」

って、でかい声で笑ってたんだけど、

「あの人はあれが伝える手段だよ。あんたの今の言葉の方がよっぽどきもい。

前から絡んでくるけど、お前みたいな男ハッキリ言ってナシだから」

って言い放って、電車降りて行ったあの女子高生はいい女になるぞ。


お父さん、私は幸せにやってます

結婚が決まり、実家から引越しのその日に父から来たメールです。

新居で一人、荷物を片付けていると携帯が鳴りました。

『結婚おめでとう。

今日からが○○(私の名前)の人生のスタートになるんだろうと思います。

○○には、沢山苦労をかけてしまったけれど彼と幸せになるんだよ。

辛かったらいつでも帰っておいで。

お父さんとお母さんは、いつでも待っています。』

家具一つない新居で、一人ワンワン泣きました・・・

お父さん、私は幸せにやってます。

年末には帰るからね。


月にまで届きそうな、大きな大きなホームランです!

アメリカのとある地方に野球観戦の大好きな、

でも、目の見えない少年がいました。

少年は大リーグ屈指のスラッガーである選手にあこがれています。

アメリカのとある地方に野球観戦の大好きな、

でも、目の見えない少年がいました。

少年は大リーグ屈指のスラッガーである選手にあこがれています。

少年はその選手へファンレターをつづりました。

「ぼくは、めがみえません。でも、毎日あなたのホームランをたのしみにしています。

しゅじゅつをすれば見えるようになるのですが、怖くてたまりません。

あなたのようなつよいこころがほしい。ぼくのヒーローへ。」

少年のことがマスコミの目にとまり、二人の対面が実現することになりました。

カメラのフラッシュの中、ヒーローと少年はこう約束します。

『今度の試合でホームランを放てば、少年は勇気をもって手術に臨む』と。

そして、その試合、ヒーローによる最後の打席。2ストライク3ボール。

テレビや新聞を見た多くのファンが、スタジアムで固唾をのんで見守り、少年自身も、テレビの中継を祈る思いで聞いています。

ピッチャーが投げた最後のボールは、大きな空振りとともに、キャッチャーミットに突き刺さりました。

全米から大きなためいきが漏れようとしたその時、スタジアムの実況が、こう伝えました。

「ホームラン! 月にまで届きそうな、大きな大きなホームランです!」


ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい」

ヨハネスブルグ発の混んだ飛行機の中で、白人中年女性の乗客が叫んだ。

「何かありましたか?」

「あなたわからないの?黒人なんかの隣には座りたくないのよ!こんな人迷惑だわ」

女性の隣では、黒人男性が憮然とした顔で座っている。

「お客様、少々お待ち下さいませ。空いている席を確認してきます」

乗務員は足早に立ち去り、周囲の乗客はざわざわと不穏な空気。

しばらくして乗務員が戻って来た。

「お待たせしました。ファーストクラスにひとつ空きがありますので、どうぞそちらへ。本来ならこういうことはできないんですが、隣の席がこんな人では確かに迷惑でしょうと、機長が特別に許可しました。さ、どうぞ」

周囲の乗客は、にこやかに黒人男性を見送った。


私と彼の前を目の不自由な夫婦(二人とも杖の様なものを持っていました。)が歩いていました。

キャストの方が付き添い丁寧に説明をしながら歩いていました。

そして、ミッキーに会う部屋に入りその夫婦の方の番になりました。

キャストの方が、

「ここがミッキーの耳ですよ~!」

と言うとミッキーがその夫婦の手を持って自分の耳に持っていきました。

夫婦は手をさぐりながらうなずいて、とても嬉しそうでした。

ミッキーは他にも、鼻に手を持っていったり、たくさん夫婦を抱きしめて

キスをしていました。

そしてドアの所まで夫婦を送りました。

そんな光景を見て、私は泣いてしまいました。

そして泣いている私の所にミッキーが来て頭をなでてくれました。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ