その日、私はお母さんに「ありがとう」といえた

その日、私はお母さんに「ありがとう」といえた

いつも私は、お母さんと喧嘩ばっかしてた。

いつもお母さんに頼って生きていた私は、目覚まし時計で起きられず起こしてもらってるのだが、時々起こすのが遅い。

そういうときも全部「早く起こさねぇのが悪いんだろ!!!」とか言ってた。

お母さんも反抗して「だったら私でおきなさい!!」とか言って喧嘩。

一回警察に呼ばれたときも、お母さんにすげえ怒られた。

家に帰るのが遅いと、わざわざ探して友ダチがいるのに帰らせれるし、ぶっちゃけ私はそんな母親が大きらいだった。

ある日、ちょっと大きい喧嘩をした。

母:何であんたはおにいちゃんと違って何も出来ないの!!!もうちょっと子供らしくしなさい!!」

自:あんたのせいなんだよ!!!

 兄ちゃんには、私立行かせるのにウチにはいかせてくれない、

 いつも仕事でろくに授業参観にもこない!

 いつも、ウチを保育園でヒトりぼっちにさせて、

 母親ずらしてんじゃねえよ!

 あたしはあんたの事母親だともう思ってねえよ!!!

 あんたの事、母親だと思ってねえよ!!

この一言を聞いたとたん、いつもは口うるさいお母さんが黙った。

言い過ぎたかなとは思ったけど、それはそれでもういいと思った。

どうせ愛されてない子供に言われただけなんだから。

そう思った。

すごい勢いで私の部屋にこもると、少しお母さんのことがきになった。

ちょっと様子をみてみよう・・・

母親が泣いていた。

あんなに強い母が泣いていた。

そして独り言でこんなことを言っていた。

「私のせいだ」

目頭が熱くなった。

こんな母親みたことない。

みたくない。

すぐに、部屋にまた戻った。

気分転換にTVでもみようか・・・

おもしろくない、そういえばまだ見てないビデオ録画したのあったな。

そうやって探すと、母親の字で私の名前が書かれたビデオがあった。

なんだろうと思ってみてた。

そこには幼い頃の私が、大事そうに微笑んでる母親の腕の中にいた。

ビデオの中のおかあさんはとてもやさしくて、なんども私をビデオに写して、私の名前を呼んでくれていた。

そしてビデオでこんなことをいっていた。

「大すきよ。

 多分私の子だから何度も反抗するでしょう。

 だけど、あなたは私の大好きな子よ。ずっとずっと」

何年間も流してない涙が自然と出てきた。

その日、私はお母さんに「ありがとう」といえた。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ