ごめんなさい、ごめんなさい

ごめんなさい、ごめんなさい

私は自分で決めたルールがある。

自分が悪い、と思った時にすぐに「ごめんなさい」を言うこと。


もともと私は意地っ張り。

だから自分が悪い、と思っても

『ごめんなさい』

の一言が出ない。

小さい頃から勝気で3つ上の兄とも同等にケンカして、必ず兄が折れるまで謝ったことはなかった。

通知表の担任欄にも、意思が強いのは良いところ、意地っ張りは悪いところ、と堂々と書かれていて母も手を焼いていた。

当時、付き合っていた彼氏ともそうだった。

ケンカをしても絶対に折れることがなく、彼がいつも折れてくれる事で修復されていた。

クリスマスイブにも、大ゲンカをした。

原因は私。

でも、意地っ張りな私。

『悪い』と思っても、なかなか『ごめんなさい』が言い出せなかった。

彼氏も、ほとほと疲れたのだろう。

いつもなら『分かった、分かった』と、和ませてくれるのに、その日は違った。

「もういいよ」

と一言だけ言い放ち、バイクで1人、さっさと帰ってしまった。

意地っ張りな私。

その場でごめんなさいが言えなかったのだから、当然電話も出来る勇気もなく、メールで謝る事も出来ず、あっと言う間に日付けが変わった。

ホワイトクリスマスになった夜中も、彼からの連絡はなく、それに怒ってしまった自分勝手な私。

自宅に女友達を呼び、クリスマスパーティをして騒いだ。

今でも、よく覚えている。

しんしんと降り積もった雪のせいで、深夜でも明るい夜空の中。

私の携帯のバイブレーションの音が、妙に部屋に響いた。

彼のお母さんからの着信だった。

私と別れた帰り道、信号無視してきたトラックに跳ねられ、そのまま命を落とした。

頭の中は真っ白だった。

ほんの何時間前まで一緒に居て、

いつもの様にケンカしちゃって、

『ごめんなさい』が言えなくて、

無我夢中で病院に駆けつけて、

何度も何度も叫んだ。

『ごめんなさい』

『ごめんなさい』

『ごめんなさい』

今更言っても遅いのに、彼が戻ってくることもないのに。

私がちゃんと謝っていれば、彼がこんな事にならなくてすんだ。

私が素直になれていれば、まだ彼と一緒にいる時間だった。

『もういいよ』

それが、彼との最後に交わした言葉。

『ごめんなさい』の一言が言えずにいた、ちっぽけな私のプライドのせいで、彼は死んだ。

しばらくは、どんな風に毎日生活していたかは記憶にない。

そんな私に、彼のお母さんが彼が使っていたケータイを見せてくれた。

そこには未送信メール1件

『むくれてるお前も好きだけど、素直な笑ってるお前が好きだよ』


あれから10年。

もちろん1日も彼の事を忘れたことはない。

そして、今でもクリスマスの時期とバイブレーションの音を聞くと、あの日の事を鮮明に思い出す。

彼が命がけで教えてくれたこと。

悪いと思ったら

『ごめんなさい』

意地をはらず素直になること。

これだけは絶対守る。

私の生きていくルール。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ