ごめんな、俺、助けてやれなかった

ごめんな、俺、助けてやれなかった

友達が自殺した。

理由はよくある「いじめ」。

俺は気付いてた。

友達がいじめられてたことには気づいてた。

でも、自分までそうなるのが嫌だったから、最後は他人のふりまでした。

自殺なんてするとは思っていなかった。

ショックだった。

でも、俺だって、アイツをいじめたようなもんだから、何も言えなかった。

ただ、ずっと後悔するしかなかった。

そしたら、ある日友達の母親に呼ばれた。

「貴方は息子がいじめられたの知ってたの?」

そう聞かれて、ただ

「はい。」

と答えた。

『怒られるかな』とか思った。

でもなぜか、友達の母親は何も言わずに手紙を差し出してきた。

俺にアイツが書いたものだった。

俺への恨みでも書いてあるのか、と思った。


○○へ、

こんな形で別れてしまってごめん。

いじめられていた間のことについては、かなり怒ってる。

でも、誰だってああしたくなるよな。

だから、後悔するなよ。

俺のことお前がかばったらお前までいじめられるだろ?

だからこれで良かったんだ。

お前は俺みたいにはなるなよ。

俺はもう死ぬけどお前には生きていてほしい。

男同士で気持ち悪いかもしれねえけど、何だかんだで俺はお前のこと好きだったからさ。

あ、もちろん、友達としてだぞ?

まあ、とにかく、俺はお前のコトは恨んでねえから。

じゃあな。


恐らく死ぬ前に書かれたであろう手紙は、所々濡れていて文字がぼやけていた。

アイツが、どんな気持ちでこれを書いたのかは分からない。

でも、『もう二度と会えないんだな』って、『笑ってくれないんだ』って思いがこみ上げてきて。

思い切り泣いた。その場に崩れ落ちた感じで。

そしたら、アイツの母親が

「私ね、あの子がいじめられてること知らなかったのよ。

だって、あの子ったら、家でもあなたの話ばかりしてるのよ?

でも、それも嘘だったのね。

、、、でも、気付いてあげられなかった私も悪いから、私に貴方をしかる権利はない。

でも、息子の友達になってくれてありがとう。」

そうやって言って泣き出すんだよ。

あの時の気持ちは、今でも忘れない。

『ごめんな、俺、助けてやれなかった。

だからこそこれからは、お前の分もしっかり生きるよ。』

いま俺は、スクールカウンセラーとして働いています。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ