かーちゃんもっと頑張るから ね

かーちゃんもっと頑張るから ね

俺の母親は俺が2歳時に死んだ。 だからあまり母親の顔を覚えていない。

俺が小学生3年生になった時、父が再婚した。新 しく来てくれた母(かーちゃん)は俺にメチャク チャ優しくしてくれた。だから血は繋がっていな くても俺はかーちゃんが大好きだった。

俺が中学1年生の3学期の時、父が交通事故で死ん だ。当時の俺は父が大手の会社に務めていたので 裕福な暮らしをしていた。塾に通っていたりして いて成績も学年上位だった。だから父が死んだこ とによって今ままでの裕福な暮らしがいっきにド ン底になった。マンションで暮らしていたんだけ ど家賃が払えなくなってかーちゃんと一緒にボロ のアパートに住むことになった。

そっからかーちゃんは毎日昼から夜までずっと働 いていた。家に帰ってたらクタクタなのに

「勇介(俺の名前)お腹空いたろ?今からご飯作っ てあげるからね!」

といつも上手い飯を作ってくれた。自分のことは いつも後回し。かーちゃんは父が死んでも俺に優 しくしてくれた。

ある日俺はクラスのやつに

「お前の家汚いし、ほんま貧乏よなー」

って馬鹿にされた。「貧乏」って言われたことが メチャクチャ腹が立って本当ならそいつに怒りを ぶつけばよかったのに俺はかーちゃんに怒りをぶ つけてしまった。

「お前が全然働かないせいで俺は貧乏って言われ たじゃ!」

かーちゃんはめっちゃ悲しそうだった。言い過ぎ たかな?と思うとかーちゃんは

「ごめんね。かーちゃんもっと頑張るから」

って言ってきた。

一週間後、かーちゃんは朝から夜まで働くように なった。

俺は勉強の成績が下がって勉強をするのが嫌に なってしまって、俺は不良になってしまった。 万引きや喧嘩は当たり前。万引きで何回も警察や 学校の先生にかーちゃんと一緒に呼び出された。 その度にかーちゃんは「すいません。」と頭を下 げていた。んで、そいつらの説教が終わって家に 帰ったらいつも

「ごめんね。かーちゃんのお給料が少ないか ら...。かーちゃんもっと頑張るから!」

知ってたよかーちゃん。かーちゃんが俺のために 必死で働いてくれてたことを。けど俺は素直にな れなかった。

かーちゃんは頑張り過ぎてか、俺が中学3年生に なりたてのころに倒れた。過労だった。俺はその 時今まで自分がしてきたことを後悔した。

「中学卒業したら働くから!」

って言ったら顔をビンタされた。初めてかーちゃ んに叩かれたからめちゃ焦った。

「働かなくていい!だから勉強をしなさい!お金 のことは...かーちゃん もっと頑張るから」

俺は泣いた。もうめっちゃ泣いた。そして心底か ら感謝した。

俺はそっから猛勉強して偏差値の高い公立高校に 合格することができた。かーちゃんも泣いて喜ん でくれた。高校生になった俺はバイトを始めた。 それで初給料でエプロン買ってあげたら、かー ちゃん泣き出したw

「ありがとう。かーちゃんもっと頑張るから ね!」

(いやいやwもうそんなに頑張らなくてもいいから)

かーちゃんは大学にも行かしてくれた。そして無 事大学も卒業することができて就職もできた。こ こから親孝行して行こうと思った矢先、かーちゃ んが病気で倒れた。癌だった。しかも末期で余命 3ヶ月を宣告された。医者曰く

「ずっと苦しかったはずだ。どうしてもっと早く 来なかったんだ。」と。

かーちゃんは俺のために歩くことも辛いはずなの にずっと頑張ってくれてたんだ。医者の話を聞い た時、いい歳なのに先生と看護婦の前で大泣きし ちゃったよ。

俺は仕事が終わった後毎日見舞いに行った。抗が ん剤で日に日に弱っていくかーちゃんを見るのが メチャクチャ辛かった。

2ヶ月経ったと時、医者から連絡があった。

「お母様の容体が急変しました」

俺は仕事を抜け出して急いで病院に行った。かー ちゃんは辛うじて生きている状態だった。そして 俺が病院に来て5分後くらいにかーちゃんは死ん だ。俺は泣いた。もう自分が立っているのかわか らないほど泣いた。少し落ち着いて医者と話した 時、医者から「君を待っていたんだろう」と言わ れて、また泣いてしまった。

かーちゃんは死ぬ寸前に

「今までありがとう」

って言って死んでいった。 俺が一番かーちゃんに伝えたかった言葉。なのに かーちゃんが俺に言ってきた。俺はかーちゃんに 何もしてあげてない。むしろ迷惑をかけただけ。 なのに何でかーちゃんが俺にありがとうって言う んだよ。何であの時、俺はもっとかーちゃんに親 孝行できなかったんだろうって今だに後悔してい る。

俺はかーちゃんが死んで何ヶ月も立ち直れなかっ た。けど、かーちゃんが死んで半年後、今の奥さ んと出会って付き合うようになった。そしてその 1年後に結婚。今は中学2年の男の子と小学6年の 女の子がいる。子育ては大変だけど奥さんと協力 して何とかやっていけてる。

俺は子どもができて子育ての辛さがわかった。 かーちゃんは一人で俺を育てるのに凄く苦労した んだね。今ならはっきりわかるよ。かーちゃんが 俺のためにどれだけ頑張っていてくれていたか を。

俺はかーちゃんに育てられて本当に幸せだった。 でも一つ気になることがあるんだ。

かーちゃんは幸せだったのかな~って。

かーちゃんはとーちゃんが死んでから再婚せずに ずっと育てくれた。かーちゃんは若かったから再 婚することもできたのに、かーちゃんは自分の女 としての幸せを捨ててまで俺を育ててくれた。赤 の他人である俺を。

親孝行したい。肩を揉んであげたい。旅行に連れ て行ってあげたい。けどもうかーちゃんはいな い。

だから今これを見ている皆さんは今のうちにしっ かり親孝行してあげてください。そしてたまにで いいから、「ありがとう」っていってあげてくだ さい。俺みたいな親不孝者にならないでくださ い。

~かーちゃんへ~

また会える日まで、僕はこっちでかーちゃんのよ うに頑張ります。だから俺がそっちに行ったとき 今度こそ親孝行するね。 かーちゃんと血は繋がっていないけどあなたは世 界一のそして最高の僕の母です。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ