お笑い芸人、ゴルゴ松本さんの少年院での魂の授業

お笑い芸人、ゴルゴ松本さんの少年院での魂の授業

お笑い芸人のゴルゴ松本さんですが、少年院で講義をされたそうです。

夢を叶えるとはどういうことか?

辛い時、悲しい時に人はどんなことを感じ、どう対応していくべきなのか?

人にとって大事なことは何か?

そういったことを「漢字」の成り立ちで、少年院の子供に説いています。

一見、こじつけのような説明にも思えますが、素直に心を開いて聞いていると、すっと心に染み渡るようなお話ばかりです。

「命」など、全力でギャグをするゴルゴ松本さんのイメージが強いですが、別の一面が垣間見えるとても良い動画だと思います。


辛いことがあった時、人はグチをこぼす。

マイナスな言葉、弱音を吐く。

「吐」という字は、口へんにプラスマイナス。

嫌なことは吐き出していい。

でも、そこから成功する人、夢を実現する人は少しずつ変化していく。

弱音は吐かない。ボジティブなことだけを言うようにする。

マイナスな事を取っていくと夢は「叶」う。

自分の思っていた到達点に少し足りないと思ったら、軌道修正しながら、最終的な目標は変えない。

紆余曲折しながら、遠回りしながら、ここまで行けばいい。

これは危険だと思ったら回避する。

危険だと思ったら、逃げていい。

「逃」は、しんにょうに兆し。

そして、また時間をおいて、

しんにょうを手ヘンに変えて「挑」挑戦するんだ。

「幸」と「辛」

幸せでも、何かが欠けたら辛くなる

辛くても、何かが加われば幸いになる

「苦」「困」「災」に「難」を加えると「苦難」「困難」「災難」

こういうことが起こると不幸だと考えてしまう。

「難」が無い人生を「無難」という。

無難な人生なんてありえない。

だから、「難」が有る人生。「有」「難」と書いて「有難」し。

「命」は、人を一叩き(ひとたたき)と書く。

殴ったり蹴ったり、人を痛めつけることで命を感じる。これは大間違い。

寝てる時、無意識の時、今も叩き続けている心臓。

心臓の一叩きの連続が命。

その命を命懸けで産んだのはお母さん。女性です。

命の始まりは女なんです。

「女」が土「台」となって「始」まりとなる。

俺ら男は、女の人を粗末にしちゃ絶対ダメなんだ。

君らを産んだお母さんは命懸けで君らを産んだんだ。それは間違いない。

命懸けで産んだものが命なんだ。人間はそれを何度も繰り返してきた。

ここからは、皆が命を繋げていく。

ここから出たら、命を広げて行ってください。

心に響いたら、感動の輪を広げていってください。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ