お前は俺にとって、命よりも大切な友達だ。

お前は俺にとって、命よりも大切な友達だ。

お前は俺にとって、命よりも大切な友達だ。

小学校2年の時、友達もいなかった俺の誕生日にチョロQをプレゼントに持って来てくれた。

その時の600円というのは、俺達にとって大変な金額だった。

とても嬉しかった。

3年生の時、一緒にサッカークラブに入った。

お前は上手で俺は下手だった。

4年生の時、イトマンに入った。

やっぱりそこでもお前は大会に出れるようになったけど、俺は幼稚園児達と一緒に泳いで練習していた。

5・6年生になって俺は野球クラブに入ったが、やはり下手で、いつも皆で野球をやる時、最後にジャンケンで、要るとか要らないとか言われてた。

だけど、お前にけなされた覚えはない。

こんなに差があるのに友達でいてくれたお前を、俺は大好きだった。

中学校に入学してからも、ほとんど一緒に登校したし、部活のない日は一緒に帰った。

昨日の通夜には、行かなかった。

家でタオルを咥えてこの文を書いてたよ。

朝、遅刻をすると内申書に良くないと言って一緒に走った。

お前はよく遅れて来たよな。

今でも後ろを振り向くと、後ろから走って来る気がする。

お前の声が聞こえてきそうな気がする。

今、お前をこうして見ていると、「冗談だ。」と言って、笑いながら起きてきそうな気がする。

起きてきて欲しい。

数えきれない程の人達が、こんなにも悲しんでいる。

俺が、テストで良い点を取った時は褒めてくれた。

俺が、悪口言われている時は庇ってくれた。

お前は自慢しなかったけど、これだけ沢山の友達を持って、これは自慢した方がいい。

よく、『喧嘩する程仲が良い』って言うけど、あれは違う。

俺とお前は、喧嘩した事がないからだ。

時々遊びに来いよ。

夢でも、幽霊でもいいから、盆と正月は必ず来いよ。

俺が死ななきゃならない時は、三途の川まで絶対来いよ。

今度話す時、お前は天国、俺はプロ野球の話をしよう。

最後にもう一度言うけど、お前は俺にとって命より大切な友達だ。

いつまでも友達でいよう。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ