お前の命は絶対に無駄にしない

お前の命は絶対に無駄にしない

その頃俺は医学生だった。

彼女もいた。

世の中にこれ以上いい女はいないと思うくらいの女だった。

しかし、彼女は若いのにもかかわらず、突如として静脈血栓塞栓症でこの世を去った。

その時の自分はたぶん相当精神不安定に陥っていたと思う。

葬式のとき、彼女の母親が俺にこう告げた。

「あの子、亡くなる直前にあなた宛てにこんな言葉を言ったわ・・・」

『○○君は易しいね。私が死んだら相当落ち込むかもしれないけど、落ち込んじゃだめだよ。

ずっと一緒なんだから。私のような人をたくさん救ってね』と。

そしてそのまま眠るように亡くなったらしい。

その彼女の言葉を聞いた俺は、涙が溢れ出してきた。

今までにない量だった。

彼女の最後の言葉に俺のことで、つまり俺のことが一番大切にしてくれたなんて思うとよけいに溢れてきた。

俺はその時、亡き彼女に誓った。

お前の命は絶対に無駄にしない!と。

そして今現在、俺は心臓外科医をやっている。

もうあんな悲しい結末は経験したくないからでもあり、彼女に誓ったからでもある。

時々彼女は、俺の夢の中に出てきてとびっきりの笑顔をみせてくれる。

その最高の笑顔は、俺の活躍を祝福してくれる。

そして俺を立派な医師になるための道に導いてくれるのだ。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ