おねえちゃん、ぼく、あしたかえるね

おねえちゃん、ぼく、あしたかえるね

私の甥っ子は、母親である妹が病気で入院した時に、しばらくパパママと離れて実家の父母の家に預けられていました。

「ままがびょうきだから、おとまりさせてね」

といいながら、小さな体に着替えを入れたリュックを担いで我が家へやってきたのです。

たびたび遊びに来ていた甥っ子は、我が家へやってきても寂しがることもなく父母や私と昼間は遊んで、時々外食をしたりしていました。

夜寝る時には

「きょうは、じいじとねる」

「きょうは、ばあばとねる」

と、楽しそうに寝る相手を選んでいました。

じいじやばあば、そして『お姉ちゃん』こと私と仲良く楽しい毎日を過ごしていました。

昼間は時々

「ままは、びょうきがなおったかな~」

と言う時はありましたが、寂しいかと聞くと

「ううん、だいじょうぶ!」

と、いつも元気よく話していました。

子供ながらに周りに気を使っているんだよ・・・

と家族で話していましたが、それでも甥っ子は寂しいそぶりを見せないで、毎日を過ごしていたのです。

しかし、妹が入院して10日が過ぎたころのことです。

「きょうは、おねえちゃんとねる~」

というので、一緒にお布団に入っていると

「おねえちゃん、ぼく、あしたおうちにかえるね、しばらくかえってないからね。」

と小さな声で言うのです。

まだ妹は退院しておらず、家に帰れることはできない状態なのです。

私は甥っ子の言葉を聞きながら

「そうだね、そのうちお家に帰ろうね。」

と言いました。

次の日になると、昼間はやはりいつも通りに元気よく遊んでいる甥っ子です。

家の事は何も話さないで、一日が過ぎました。

そして夜になった時、昨日と同じように

「おねえちゃん、ぼく、あしたかえるね」

と言うのです。

そんな甥っ子がいじらしく、せめて寂しい思いが少しでも少なくなるように

「そうだね、明日になったらママに会いに行こうか。」

と言いました。

母親の顔を見れば、少しは元気になるかな、と思ったのです。

すると甥っ子は少し笑って

「おねえちゃん、あしたはなかなかこないねえ」

と言いました。

小さい甥っ子なりに寂しさを抱えて、でも何とかいつも通りに元気良く過ごそうとしていた気持ちがいじらしくて、私も胸がつまりました。

ふと見ると、隣の部屋から様子をのぞいていた「ばあば」が、涙ぐんでいました。

そんないじらしい様子を見せた甥っ子は、結局一か月ほどを我が家で過ごし、ようやく退院した妹と一緒に自宅へ帰っていきました。

ママとパパが迎えに来た時には、本当に本当に嬉しそうで、それを見た私達も、また目頭が熱くなったのでした。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ