いつか「産んでくれてありがとう」と母に言いたい

いつか「産んでくれてありがとう」と母に言いたい

中学の夏休みに母親と大喧嘩した。

家を飛び出し、朝まで繁華街とかをぶらついた 事が一回だけあった。

帰ると家族全員が居間に居た。

夜勤の父は職場から抜け出して帰ってきていた。

普段仲の悪い兄も、車で私の事を朝までさがしていたらしい。

怒られると思ったら父が帰ってきて良かった。

飯食え。

と言った。

でも、私はまだ母が許せなかったので口も聞かず部屋に閉じこもった。

数日後、父の部屋の本棚で初めて見るアルバムらしきを見つけた。

それは赤ん坊だった

私の写真が貼ってあった。

その横に母の物と思われる日記が書いてあった。

それによると私を産んだとき母は難産だったらしく、産まれた後も未熟児だった私の世話が大変だったらしい。

私の写真は2歳ごろまで貼ってあり、最後の方のページに産まれてきてくれて、ありがとうと書いてあった。

それを見て、私は大泣きした。

母と喧嘩した時に、何で私なんか産んだんだよと言ってしまった自分は、本当に馬鹿だと思った。

母はそれを聞いた時、どんな気持ちだったんだろうと思うと凄く泣けてきた。

その日、母に謝った。

それから、いつか「産んでくれてありがとう」と母に言いたいと思っている。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ