あの時食べたおにぎりの味

あの時食べたおにぎりの味

俺の母親は俺が5歳の時に癌で亡くなった。

それから2年間、父、2歳年上の姉と3人暮らしをしてた。

俺が小学1年生の時のある日曜日、

父が俺と姉に向かって

「今から2人に会ってほしい人がいるんだ。」

って言ってきた。

そんで父が連れてきたのは、

父より少し若いくらいの優しそうな顔の女性だった。

俺は子供だったが、父がその女性と再婚するつもりなのがなんとなく分かった。

姉はその人と会ってすぐに楽しそうに話をして打ち解けていたが、

俺は人見知りな性格だったので 打ち解けることができなかった。

その人が帰った後、3人で夕食をとっているときに父が

「父さんあの人と結婚してもいいかな?」

って言った。

俺は正直あまりいい気分ではなかったが、

姉も喜 んでたし、

父の幸せの事を考えると何も言えず、

俺も喜んでるフリをした。

そして、俺の家族は4人家族になった。

というより4人家族に戻った。

俺は相変わらず新しいお母さんになつくことができなかった。

ある休みの日の前日の夜、父が明日はみんなで動物園に行こうと言った。

俺は動物園なんてほとんど行ったことがなかったから、

本当にうれしかった。

翌日の朝、動物園に行けることが嬉しくて、いつもより早起きしたら、

父がリビングの薬入れをあさっていたので、

どうしたのか聞くと姉が熱を出 したらしい。

そこで父は家に残って姉の看病をすることになり、

俺とお母さんの2人で動物園に行くことになった。

動物園に着いてからもなんとなく気まずい雰囲気で、

言葉数も少なく、

心から楽しむことができないでいた。

昼になり、ベンチでお母さんの作ってきた弁当を食べることになった。

俺はおにぎりを一つとって口に運んだ。

そしたらなんか本当の母さんが元気だった頃、

家族でピクニックに行ったときに母さんがお弁当に作ってくれたおにぎりを食べたことを思い出した。

水気を吸ってやわらかくなった海苔、ほどよい塩 味・・・

懐かしい気持ちとともに本当のお母さんを思い出して涙がボロボロ出てきた。

母が戸惑っていたので泣くのをやめようと思っても涙が止まらなかった。

俺はその時初めてその人に母親を感じた。

それから母さんと動物園をまわりながら今まで話せなかった色んなことを話した。

ほんとに楽しかったし、嬉しかった。

そんな母もあれから22年たった今年の2月に病気で亡くなった。

俺はあの時食べたおにぎりの味を忘れない。

2人の母のおかげで今日も俺は元気に生きてる。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ