あの時、噛んじゃってごめんね

あの時、噛んじゃってごめんね

10年以上前に、友達が1匹の柴犬を飼い始めた。

体の色が似ているからといって、その犬は『きなこ』という名前になった。

友達は、夕方になるとよく『きなこ』を散歩させていたけど、活発な『きなこ』がぐいぐいと友達を引っ張るようにしていたから、まるで『きなこ』が友達を置いて逃げだしてしまいそうで気が気でなかった。

笑顔で「新しい家族が増えたんだ~!」と言ってた友達も、リードを離さないようにするので精いっぱいで、ちっとも楽しそうじゃなかった。

『きなこ』が友達の家にやってきて半年くらい経った頃には、友達は『きなこ』の話をしなくなっていた。

『きなこ』の散歩も、友達のお母さんやお姉さんがするようになっていた。

私は、わざわざ『きなこ』を話題に出すことはしなかったけど、初めはあんなに嬉しそうにしていた友達のことが、少しかわいそうだなと思った。

相性が悪かったのかもしれないね、と、私は勝手に心の中で『きなこ』と友達のことをそう結論づけた。

10年くらい経ったある日、『きなこ』が亡くなったと友達から聞いた。

「他の家族と比べて、積極的に遊んだり面倒を見たりはしてなかったけど、死んじゃうとやっぱり悲しいもんだね」

と友達は寂しそうに言った。

そんな友達を放っておけなくて、私はその日友達の家に泊まりに行った。

その日はちょうど友達の家族が留守で、きっと1人で寂しいだろうと思ったから。

夜、布団に入って横になりながら友達といろんな話をした。

勿論、『きなこ』のことも。

「きなこはさ、お姉ちゃんにはすごく懐いてたのに、私にはあんまりだったんだよね。たぶん私のこと嫌いだったと思う」

そんなことを友達は言ってたけど、私は

「そんなことないよ、あんたと『きなこ』は家族だったんだから」

と言った。

そうだ、相性が悪かろうが何だろうが、家族は家族だ。

だって友達はあんなにも寂しそうに『きなこ』のことを話していた。

友達は、「ええ、そうかな?」と言って笑って、しばらくして私たちは眠りについた。

枕が変わってもぐっすり眠れる私だけど、夜中、小さな音が聞こえて目が覚めた。

暗い部屋の中でゆっくり目を開けると、隣で友達が嗚咽をこらえながら泣いていた。

私は体を起こして友達に近づいたけど、友達は泣きながらもほほえんでこう言った。

「『きなこ』がね、夢に出てきたの。夢の中で、もっと一緒に遊びたかったのにごめんねって言ってた」

そして友達は、私にしがみついてわんわんと泣いた。

私が『きなこ』を散歩させている友達を見た日、家に帰ってから友達は『きなこ』を叱っていたらしい。

どうして言うこと聞かないの!と。

すると『きなこ』は友達の右手を噛み、友達はそのことがきっかけで、あまり『きなこ』に近づかなくなってしまったらしい。

「あの時、噛んじゃってごめんね。一緒にいろんなところに行きたくて、散歩ではしゃぎすぎちゃってごめんね」

夢の中で『きなこ』がそう謝ってきたと、友達は言った。

それはあくまで友達の夢の中の出来事で、彼女が自分に都合の良いように『きなこ』のことを解釈しているだけかもしれない。

だけど私は、家族が留守で1人で寂しがってる筈の友達を心配して、『きなこ』が会いに来てくれたんだと思った。

だって、私の腕をつかむ友達の右手が、まるで犬に舐められた後のように温かかったから。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ