あと少し頑張って、這いつくばってでも、生きてみます

あと少し頑張って、這いつくばってでも、生きてみます

『いっぱいの幸せをありがとう。』

『私は幸せ者だ。』

『だって、最期にあなたの顔を見れたから。』

『これも日頃のなんとやら、なのかな?』

病室のベッドで手を握りながら、彼女は言う。

「最期ってなんだよ。」

「お前は死なない、そうだろ?」

泣きながら返す僕を見て笑いながら

『○○前言ってたよね?』

『私が先に死んだら、俺も後追うよって。』

震えた声で彼女が言う。

「あぁ、すぐに行くから先行って待っててな!」

俺は本気で返した。

彼女がいない世界なんて、きっと色のない世界と同じだと思うから。

『ありがとう。』

『でも、絶対に来ないで。』

『その言葉が聞けただけで私は満足だよ。』

『あぁ、幸せだなぁ。』

『いい?』

『あなたは絶対に違う人を見つけて幸せになってね?』

『私の事は忘れて下さい。』

『大好きなあなたの足枷にはなりたくないの。』

『絶対に私の後を追わないで!!』

『約束しないと化けて出ちゃうよ?(笑)』

返事が出来なかった。

ここで返事したら、彼女がもうすぐ死ぬ事を認めてしまうようで怖かった。

頭では理解してるつもりだが本当に認めたくなかったのだ。

『ゆーびきーりげーんまんうーそついたら…』

そうかすれた声でいいながら、彼女は天国へ旅立ちました


あれから2年。

好きな人は出来ないや。

だって、お前じゃなきゃ意味ないもん。

お前とじゃなきゃ楽しくないもん。

でもな、後を追おうと思ったけど、約束守って追わなかったよ。

俺まで死んだらお前との思い出が、この世界から消えてしまうから。

辛いよ、毎日本当に辛いよ。

いつかは俺もそちらに行きます。

その時はいっぱいいっぱい話しようね?

いっぱい、いっぱい抱きしめて

いっぱ、いいっぱい頭なでて

いっぱい、いっぱいキスをしよう。

幸せをありがとう。

あと少し頑張って、這いつくばってでも、生きてみます。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ