あたしは後悔ばかりが心に残ってあまり泣くことも出来なかった【愛犬の話】

あたしは後悔ばかりが心に残ってあまり泣くことも出来なかった【愛犬の話】

11年間、ずっと飼ってた愛犬がなくなった。

死ぬ前の半年間、自分はろくに家に帰ってなくて世話もほとんどしなかった。

その間にどんどん衰えてたのに、あまり見ることも触ることもなく、その日を迎えてしまった。

前日の夜に、もう私とはほとんど会話がなくなっていた母が、兄と一緒に私の部屋にきて

「もう、動かなくなって、息だけしてるの。目も、開いたままとじれない。最後だから、お別れしてきなさい。」

と泣きながら言ってきた。

そこまでだったなんて知らなくて、びっくりして下に下りていったらコタツに横たわってた。

本当に息だけしかしてなくて、だんだん息も弱くなってるのがわかった。

怒りっぽい犬で、触るだけで唸るのに、その日は何も反応がなかった。

母と兄と3人で、泣きながら朝まで見守った。

そして次の日、単身赴任の父が帰ってきてすぐ息を引き取った。

父のことが大好きだったから、きっと待ってたんだと思う。

『家族全員そろうのを待ってたんだな。』

って思う。

死ぬ間際に飲んだ水は、すごくおいしかったよね?

幸せだったよね?

何よりも、本当にろくに家に帰らず遊んでばかりいて、あなたの世話をしていなかったことを悔やんでる。

父も母も兄も泣きじゃくる中、あたしは後悔ばかりが心に残ってあまり泣くことも出来なかった。

お前が死んでから、おかあさんとも会話するようになったよ。

今まで、おかあさんの話し相手はお前だったもんね。

お前のおかげで、自分がどんなに親を悲しませてたかわかった。

犬にまであたしのこと相談するくらい、おかあさん悩んでたんだね。

お前が死んでから、ふさぎがちだった母も最近元気になったよ。

安心して眠ってね。

昨日、死んでから初めてあなたの夢を見ました。

朝起きて、泣きました。

ほんとうにありがとう。ばいばい。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ