人気の泣ける話 TOP50

人気の泣ける話 TOP50

毎日更新している「泣けるコピペ」の人気Top50です。
人気上位の泣ける話は、きっとあなたの涙を誘い顔は涙でボロボロになってしまうので、平日読む場合はお気をつけ下さい。

ありがとね。すごくしあわせだったよ。

身近な人のこと > 恋人のこと

彼女がこの世を去りました。 病死です。 その彼女と出会ったのは7年程前でした。 相手はその頃大学1年生でした。 持病があり、『あと5年生きられるかどうか?』と寂しく笑... すべて読む

ありがとね。すごくしあわせだったよ。

パパ、本当にありがとう、大好き

家族のこと > 子どものこと

俺が30歳の時、ひとつ年下の嫁を貰った。 今の俺たちには、娘が3人と息子が1人いる。 長女は19歳、次女は17歳、三女が12歳。 長男は10歳 こういうと『長女と次女... すべて読む

パパ、本当にありがとう、大好き

ずっと並んで歩こうよ。お前は俺の自慢の彼女なんだから。

身近な人のこと > 自分のこと

私は交通事故に遭って左半身に少し麻痺が残り、日常生活困るほどではないけど、歩くとおかしいのがばれる。 付き合い始めの頃、それを気にして一歩下がるように歩いてた私に彼は気がつ... すべて読む

ずっと並んで歩こうよ。お前は俺の自慢の彼女なんだから。

永遠に届くことのないプロポーズ

身近な人のこと > 恋人のこと

2012年夏 付き合って2年になる彼女がいた。 彼女とは中学の同級生で成人してから付き合い始めた。 同窓会で2年振りの再会。 お互いにどんな性格なのか、趣味がなんなの... すべて読む

永遠に届くことのないプロポーズ

自分の娘ならちょっとくらい応援してくれたっていいじゃん

両親のこと > 母親のこと

ちょっとした事で母とケンカした。 3月に高校を卒業し、晴れて4月から専門学生となる私は、一人暮らしになる不安からかここ最近ずっとピリピリしていた。 「そんなんで本当に一人... すべて読む

自分の娘ならちょっとくらい応援してくれたっていいじゃん

もう頑張らなくていいんだよ

家族のこと > 子どものこと

もう十数年前になるけど、嫁が急逝してドロップアウトした。 赴任先の基幹病院のある地方都市。 俺の嫁は誰も知り合いもいない土地で、 最後まで子供の心配しながら最後まで俺に... すべて読む

もう頑張らなくていいんだよ

パパは嘘をついています

その他 > 動画

"My dad's story": Dream for My Child | MetLife "私のパパのお話": 私の子供の夢 | メットライフ 娘が、父に送った手紙。 ... すべて読む

パパは嘘をついています

えー、奥さん、ここで降りてください【バスでの話】

身近な人のこと > 関わった人のこと

10歳の息子がある病気を持っており、車いす生活で、さらに投薬の副作用もあり一見ダルマのような体型。 知能レベルは年齢平均のため、何かと辛い思いをしてきている。 本日、通院... すべて読む

えー、奥さん、ここで降りてください【バスでの話】

彼女の連絡帳

身近な人のこと > 友達のこと

俺が小学校5年生のとき、寝たきりで滅多に学校に来なかった女の子と同じクラスになったんだ。 その子、たまに学校に来たと思ったらすぐに早退しちまうし、最初は 「あいつだけズル... すべて読む

彼女の連絡帳

ふざけんなよ

身近な人のこと > 恋人のこと

昨日、恋人が死んだ。 病気で苦しんだすえ、死んだ。 通夜が終わって病院に置いて来た荷物を改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛に手紙が入ってた。 よく見たら 「わた... すべて読む

ふざけんなよ

彼女は嬉しそうにしてしばらく黙り、そして泣いた。【痴呆症になった彼女】

身近な人のこと > 恋人のこと

彼女が痴呆になりました。 前から物忘れが激しくて、 ある日夜中に突然昼ご飯と言って料理を始めたり、 ある日突然、私は貴方の妹なのと言ったり。 俺がこれは変だと思い、病... すべて読む

彼女は嬉しそうにしてしばらく黙り、そして泣いた。【痴呆症になった彼女】

本当にうまれてきてくれてありがとう

家族のこと > 子どものこと

君がママのお腹にいるとわかったとき、ママは涙ぐんでいた。 妊娠したと聞いて僕は 「おーそうか」 なんて冷静に言おうとしたけどすぐに涙がでたんだ。 決して口には出さなかった... すべて読む

本当にうまれてきてくれてありがとう

もし、まだ俺の事好きでいてくれたら空港のロビーに来て

身近な人のこと > 恋人のこと

俺が25くらいの時の話。 当時働いていた職場に、2つ年下の女の子がいて、めっちゃいい子だった。 当時はお互い恋人がいたから付き合えなかったけど、お互いかなり意識はしていた... すべて読む

もし、まだ俺の事好きでいてくれたら空港のロビーに来て

あと少し頑張って、這いつくばってでも、生きてみます

身近な人のこと > 恋人のこと

『いっぱいの幸せをありがとう。』 『私は幸せ者だ。』 『だって、最期にあなたの顔を見れたから。』 『これも日頃のなんとやら、なのかな?』 病室のベッドで手を握りながら... すべて読む

あと少し頑張って、這いつくばってでも、生きてみます

嫁に似て、笑顔の似合う娘が嫁に行ったよ

家族のこと > 子どものこと

この前、一人娘が嫁に行った。 『目に入れても痛くない』と断言できる一人娘が嫁に行った。 結婚式で 「お父さん、今までありがとう。大好きです」 と言われた。 相手側の... すべて読む

嫁に似て、笑顔の似合う娘が嫁に行ったよ

政治家が何を言おうと、俺達はあのときの自衛隊の皆さんに感謝しています

身近な人のこと > 関わった人のこと

被災したとき、俺はまだ中学生でした。 全開した家で、たまたま通りに近い部屋で寝てたので、腕の骨折だけで自力脱出できました。 奥の部屋で寝ていたオカンと妹はだめでした。 ... すべて読む

政治家が何を言おうと、俺達はあのときの自衛隊の皆さんに感謝しています

喋ることができない女と知り合った

身近な人のこと > 恋人のこと

2ヶ月ほど前に、ひょんなことから喋ることができない女性(生まれつき) と知り合ったんだが聞いてくれんかい? 聾唖者(ろうあしゃ)って言うんだよね。 2ヶ月前に、くそ寒い公... すべて読む

喋ることができない女と知り合った

長く付き合うと、やさしくなくなるんだなぁ

身近な人のこと > 恋人のこと

今年の5月まで付き合っていた彼の話。 料理が好きで、調理場でバイトしていた。 付き合い始めのころ、私が作った味噌汁に溶け残りの味噌が固まって入ってたことがあった。 飲み... すべて読む

長く付き合うと、やさしくなくなるんだなぁ

生れつきのものなんて、俺にもあるぞ

身近な人のこと > 自分のこと

私は生れつき足に大きなあざがあり、それが自分自身でも大嫌いでした。 さらに小学生の頃、不注意からやかんの熱湯をひっくり返してしまい、両足に酷い火傷を負ってしまいました。 ... すべて読む

生れつきのものなんて、俺にもあるぞ

おじいちゃんは本当に馬鹿だなって思った

家族のこと > じいちゃん、ばあちゃんのこと

おじいちゃんは老いから、手足が不自由でトイレも1人では厳しい。 だから、いつもはおばあちゃんが下の世話をしてた。 おばあちゃん以外が下の世話をするの嫌がったからだ。 あ... すべて読む

おじいちゃんは本当に馬鹿だなって思った

ちょっと感動した話 vol.1

身近な人のこと > 関わった人のこと

素敵な老夫婦 前を歩いていた80歳くらいの老夫婦。 お婆さんがかなりいっぱい荷物持って、 お爺さんは手ぶら。 なんてひどいお爺さん…と思っていたら、 少しして 「... すべて読む

ちょっと感動した話 vol.1

あいつは、将来おれの病気を治してくれるんだ

両親のこと > 父親のこと

高校1年の夏休み、両親から「大事な話がある。」と居間に呼び出されたんだ。 親父が癌で、もう手術では治りきらない状態であると。 暑さとショックで、頭がボーっとしてて、変な汗... すべて読む

あいつは、将来おれの病気を治してくれるんだ

おねえちゃん、ぼく、あしたかえるね

家族のこと > 子どものこと

私の甥っ子は、母親である妹が病気で入院した時に、しばらくパパママと離れて実家の父母の家に預けられていました。 「ままがびょうきだから、おとまりさせてね」 といいながら、小... すべて読む

おねえちゃん、ぼく、あしたかえるね

タクシーの中で、涙こらえるのに必死だった

両親のこと > 母親のこと

前、実家帰って、帰る時のこと。 俺は母子家庭で仕送りもらってるくせに、冗談めかしに帰りのタクシー代と電車賃ちょうだいと母にせがんだ。 すると母は 「何言ってんの!うちも... すべて読む

タクシーの中で、涙こらえるのに必死だった

時は過ぎて、今その女の子は僕の奥さんです

身近な人のこと > 自分のこと

中学校1年のときのこと。 授業中に隣の席の女の子がおしっこ漏らしてた。 女の子の席は一番後ろのはじだったので、他には誰も気がついてない様子。 僕はおもむろに席を立って無... すべて読む

時は過ぎて、今その女の子は僕の奥さんです

私の名前は覚えていてくれた【夫の記憶】

家族のこと > 旦那(夫)のこと

私の夫は、結婚する前に脳の病気で倒れてしまい、死の淵をさまよいました。 私がそれを知ったのは、倒れてから5日もたってからでした。 夫の家族が病院に駆けつけ、携帯電話を見て... すべて読む

私の名前は覚えていてくれた【夫の記憶】

顔を見たら、彼女は泣いていた

身近な人のこと > 恋人のこと

ちょっとした話しです。 前付き合ってた人との話し。 ある日、俺は彼女(元カノ)にメールしました。 『そうえばさぁ最近会ってなかったから明日デートしない?』と。 しばら... すべて読む

顔を見たら、彼女は泣いていた

こんなに頑張って報われなかったヤツを俺は今まで見たことがない

その他 > 著名人のこと

あるマンガ家志望の若者の話です。 彼が17歳のとき。 短編マンガが準入選に選ばれ、担当編集者がついてくれることになり、 気をよくした彼は九州から東京に上京してきます。 ... すべて読む

こんなに頑張って報われなかったヤツを俺は今まで見たことがない

ぼくがいるよ【第5回日本語大賞-文部科学大臣賞】

両親のこと > 母親のこと

※本文は、第5回日本語大賞 において小学生の部で文部科学大臣賞を受賞した小学校4年生の男の子が書いた作文を書き起こしたものです。 お母さんが帰ってくる! 一ヶ月近く... すべて読む

ぼくがいるよ【第5回日本語大賞-文部科学大臣賞】

三名様、こちらにどうぞ

家族のこと > 子どものこと

秋もだいぶ深まってまいりました。 ディズニーランドのスタッフの皆様、いつも私たちにステキな夢をありがとうございます。 今月、数年ぶりに主人とディズニーランドに遊びに行かせ... すべて読む

三名様、こちらにどうぞ

子供たちがいなくなれば、それで僕たちの関係も終わり

家族のこと > 妻(嫁)のこと

妻との出会いは社会人一年目、23歳のときだった。 会社の近くのレコードショップをぶらぶらしていると、熱心にCDを見ている女性がいた。 それが妻だった。 しかし、初対面。... すべて読む

子供たちがいなくなれば、それで僕たちの関係も終わり

私はアンタと結婚してるつもりだから

身近な人のこと > 恋人のこと

年下の彼氏がいた。 私が30歳で彼が22歳。 大学生だった彼は社会人の私に頭が上がらなかったみたいで、付き合いはじめて3年たってたけど将来の話しなんてひとつもしなかった。... すべて読む

私はアンタと結婚してるつもりだから

愚かな俺にもう一度彼女を会わせて欲しい

身近な人のこと > 恋人のこと

俺には可愛い彼女がいた。 性格は素直でスタイルも良かったが、周囲からは 「えwあの女と付き合ってるのwwwお幸せにw」 とよく馬鹿にされた。 彼女は頭が非常に弱かった... すべて読む

愚かな俺にもう一度彼女を会わせて欲しい

これからも守っていきたいと思った

家族のこと > 妻(嫁)のこと

最近こんなことで泣いたw 俺には結婚して6年経つ妻がいるのよ。子供も5歳の双子が居る。 子供産まれてからは2人で話す事も少なくなったし、とりあえず俺は仕事で精一杯で構って... すべて読む

これからも守っていきたいと思った

今から彼女に渡します

身近な人のこと > 恋人のこと

俺には3年付き合った彼女がいたんだけど、2年前のある日彼女が事故に遭いました。 (俺と会う約束をしてて青信号を急いで渡ってたら右折した車にはねられた。) すぐ病院に運ばれ... すべて読む

今から彼女に渡します

何だって言う事をきくから、ボロも一緒に連れてって

身近な人のこと > ペットのこと

小3の時、親父が仕事帰りに雑種の小犬を拾ってきた。 黒くて目がまんまるでコロコロとしたカワイイ奴。 でもノラなので、小汚くて毛がボロボロに抜けていた。 そんな風貌を見て... すべて読む

何だって言う事をきくから、ボロも一緒に連れてって

お母さんはこれで十分

両親のこと > 母親のこと

子供の時はお母さんをただのケチだと思ってた。 高校生になった私はウザいとしか思わなかった。 一人暮らしを始めて、三食の食事や掃除に洗濯、なんて恵まれてたかわかった。 私... すべて読む

お母さんはこれで十分

あなたが生まれてきてくれた事は、私の人生で一番の幸せだったよ

家族のこと > 子どものこと

私は母親です。 出産後、まもなく子どもが小児がんだとわかり、入院生活が始まりました。 小児がんの中でも難しい症例で、1歳の誕生日を迎える事は難しいだろうと言われました。 ... すべて読む

あなたが生まれてきてくれた事は、私の人生で一番の幸せだったよ

嫁の携帯を見てしまった

家族のこと > 妻(嫁)のこと

嫁が風呂に入っているときに携帯を見てしまった。 おれが送った「今から帰る」みたいなくだらないメールばかり。 でもフォルダがあって、そこにメールが一杯たまってた。 彼氏か... すべて読む

嫁の携帯を見てしまった

お母さん、会いたいよ

両親のこと > 母親のこと

お母さん 台所に立つとあなたが横に立って居る気がします。 お母さん 洗濯物を畳んでいると、ずぼらな私に 『ほらもっとキレイに畳まないと』 ってあなたの声が聞こえる気... すべて読む

お母さん、会いたいよ

もう居ないんだよ

家族のこと > 妻(嫁)のこと

嫁と娘が1ヶ月前に死んだ。 交通事故で大破。 単独でした。 知らせを受けたとき、出張先でしかも場所が根室だったから 、帰るのに一苦労だった。 でもどうやって帰ったかほ... すべて読む

もう居ないんだよ

お前さぁ、目見えねぇんだろ

身近な人のこと > 関わった人のこと

俺はセイコーマートで働いて三年目になる。いつもくる小さな子の話を一つ。 その子は生まれつき目が見えないらしく、白い杖をつき母親と一緒に週に二、三度うちの店を訪れる客だった。... すべて読む

お前さぁ、目見えねぇんだろ

やらないで後悔するより、やって後悔したほうがいいんじゃない

身近な人のこと > 恋人のこと

高校時代に付き合って彼女が口癖だった言葉。 「やらないで後悔するより、やって後悔したほうがいいんじゃない?」 別れた後も、何故か手紙のやり取りはしていた。 でも、ある時... すべて読む

やらないで後悔するより、やって後悔したほうがいいんじゃない

あの子を許してくれましたか

身近な人のこと > 友達のこと

小学校の時、いじめられた。 消しゴムを勝手に使われて、怒ったら相手が学年のボス格の女子。 それ以来、クラスから無視された。 それが中学に入っても変わらなくて、真剣に自殺... すべて読む

あの子を許してくれましたか

私のお父さんは、お父さんだけです

家族のこと > 子どものこと

土曜日、一人娘の結婚式だった。 当時俺25歳、嫁33歳、娘13歳。 まぁ、要するに嫁の連れ子だったんだけど。 娘も大きかったから、多少ギクシャクしながらも数年過ぎた。 ... すべて読む

私のお父さんは、お父さんだけです

息子が俺を「とおしゃん」と呼んだ

家族のこと > 子どものこと

今日、息子が俺を「とおしゃん」と呼んだ。 成長が遅れ気味かもしれないと言われていて、言葉も遅かったから、不覚にも息が出来なくなるくらい泣いた。 嫁か息子か選べと言われた時... すべて読む

息子が俺を「とおしゃん」と呼んだ

母ちゃん、バカでごめんね

両親のこと > 母親のこと

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 学もなく、技術もなかった母は、 個人商店の手伝いみたいな仕事で生計を立てていた。 それでも当時住んでいた土地は... すべて読む

母ちゃん、バカでごめんね

18日間、娘は良くがんばった

家族のこと > 子どものこと

親と喧嘩をし、「出て行け」と言われ家を飛び出して6年。 家を出て3年後に知り合った女性と同棲し2年後に子供が出来た。 ものすごく嬉しかった。 母性愛があると同じように父... すべて読む

18日間、娘は良くがんばった

自分の命は、犠牲の上にある命なのだということを忘れないために

家族のこと > 兄弟姉妹のこと

我が家の仏壇には、他より一回り小さな位牌があった。 両親に聞いた話では、生まれる前に流産してしまった俺の兄のものだという。 両親はその子に名前(A)を付け、ことあるごとに... すべて読む

自分の命は、犠牲の上にある命なのだということを忘れないために

人生で一番泣いた日

身近な人のこと > 友達のこと

私が21年の人生の中で一番泣いた話と二番目に泣いた話です。 文才がなく長文ですみません。 私の通っていた小学校は校区が広く、住んでいる地区によって中学校区が異なるところで... すべて読む

人生で一番泣いた日
twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ