身近な人の泣ける話 - (2ページ)

一人の男の子が向かいの団地を見ながら立っていました

身近な人のこと > 関わった人のこと

20年前、私は団地に住んでいました。 夜の八時ぐらいに会社からかえると、団地前の公園で雨の中傘もささず、一人の男の子が向かいの団地を見ながら立っていました。 はっきりいっ... すべて読む

一人の男の子が向かいの団地を見ながら立っていました

神戸の人にとって自衛隊はヒーローやねん

身近な人のこと > 関わった人のこと

当事者にとっては、自衛隊がどう遅れたかなんてわからんし、警察も自前の警察署がつぶれて、総がかりで中の埋まった署員を助けようとしてるねん。 でも、その掘ってる横に机を置いて、... すべて読む

神戸の人にとって自衛隊はヒーローやねん

一杯のかけそば

身近な人のこと > 関わった人のこと

この物語は、今から35年ほど前の12月31日、 札幌の街にあるそば屋「北海亭」での出来事から始まる。 そば屋にとって一番のかき入れ時は大晦日である。 北海亭もこの日ばか... すべて読む

一杯のかけそば

一生懸命に生きないとダメだから諦めないで頑張ろう

身近な人のこと > 関わった人のこと

私は昨日小学4年生の子から手紙で相談を受けました 『僕のお母さんに元気になってほしくてプレゼントをあげたいんだけど、僕のお小遣いは329円しかありません。 この値段で買え... すべて読む

一生懸命に生きないとダメだから諦めないで頑張ろう

素直な感謝の気持ちをそのまま言葉にする

身近な人のこと > 関わった人のこと

今日、近所の交差点で車に乗って信号待ちをしていると、前方の右折車線でジリジリ前進している車がいた。 明らかに『信号が青になった瞬間に曲がっちまおう』っていうのが見え見え。 ... すべて読む

素直な感謝の気持ちをそのまま言葉にする

僕だけが悲しいんじゃないんだ

身近な人のこと > 関わった人のこと

1月の朝がとても寒い時に必ず思い出す少年がいます。 当時、私は狭心症で休職して九州の実家にて静養していた時でした。 毎朝、デッカイ黒のラブラドールレトリバー愛犬テツと散歩... すべて読む

僕だけが悲しいんじゃないんだ
twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ