身近な人の泣ける話 - (4ページ)

身近な人のこと

あなたは「出会い」を大切にしていますか?

生まれてはじめて出来た友達、好きな人、恋人、会社の同僚、または電車でいつも見かける人。

生きていると、誰かと必ず出会っています。

遠くの親戚より、近くの他人。

そんな周りの人にまつわる泣けるエピソードを集めてみました。

みんな、ありがとな。お礼に今日は俺がバンバン点取るからさ。

身近な人のこと > 友達のこと

うちの中学は新興住宅地でほとんどが持ち家、お母さんは専業主婦みたいな 恵まれた家庭が多かった。 育ちが良いのか、虐めや仲間はずれなどは皆無。 クラスに一人だけ、貧乏を公... すべて読む

みんな、ありがとな。お礼に今日は俺がバンバン点取るからさ。

あんたに会いたかったから、帰ってくるの待ってたんだよ【猫の話】

身近な人のこと > ペットのこと

一週間ほど旅行に行って帰ってくると、猫がいなかった。 親に聞くと、私が旅行に出た日にいなくなったそうだ。 心配していると次の日、帰ってきた。 でも、ぐったりしていて、病... すべて読む

あんたに会いたかったから、帰ってくるの待ってたんだよ【猫の話】

絶対来てくれるから、俺が死んだら

身近な人のこと > 友達のこと

金持ちで顔もまあまあ。 なにより明るく突っ込みがうまく、ボケた方が「俺笑いの才能あるんじゃね」と勘違いするほど(笑) 彼の周りには常に笑いが絶えなかった。 そんな彼を怒... すべて読む

絶対来てくれるから、俺が死んだら

中学のときの音楽の教師が最悪だった

身近な人のこと > 関わった人のこと

中学のとき、校内の合唱コンクールがあったんだが、学年ごとにどこか1クラスが優勝が決まるものだった。 それ以外に選抜合唱グループというものがあり、クラスから数人選ばれ3学年混... すべて読む

中学のときの音楽の教師が最悪だった

君がいなかったら今の僕はいない

身近な人のこと > 友達のこと

僕は小さい頃に両親に捨てられて、いろいろな所を転々として生きてきました。 小さい頃には「施設の子」とか「いつも同じ服を着た乞食」とかいろんな事言われました。 たまに、同級... すべて読む

君がいなかったら今の僕はいない

よーし〇〇君のことずっと見守ってるぞー

身近な人のこと > 恋人のこと

昨日、恋人が死んじゃったんです。病気で。 そしたらなんか通夜が終わって病院に置いて来た荷物とか改めて取りに行ったら その荷物の中に俺宛に手紙が入ってたんです。 で、よく... すべて読む

よーし〇〇君のことずっと見守ってるぞー

こんなもんいらねーよー、出来るわけねーだろ

身近な人のこと > 友達のこと

俺の友達でゲームがすげー好きなやつがいたんだよ。 ドラクエとか、誰より一番に解いたり、俺たちにヒントくれたりさ。 中学2年のとき、そいつ事故にあって、右手なくなっちゃった... すべて読む

こんなもんいらねーよー、出来るわけねーだろ

母親を守れるくらい強くなりたい

身近な人のこと > 関わった人のこと

半年ほど前に、「強くなりたい」と自分から入部してきた子。 はっきりいって運動神経もなく、体もひ弱です。 あまりここに書くのもはばかられるのかもしれないんですが、めちゃくち... すべて読む

母親を守れるくらい強くなりたい

そっか、がんばれよ

身近な人のこと > 友達のこと

がんばるという意味・・・ 親友からの電話。 「足が痛いから入院するよ。たいしたことはない、一週間くらいだって」 笑いながらの連絡だった。 「そっか、がんばれよ」 ま... すべて読む

そっか、がんばれよ

お姉ちゃんはね、ある人を待ってるの

身近な人のこと > 関わった人のこと

俺が小学3、4年で夏休みの話。 今の今までマジで忘れてた。 小学校の夏休みとか、遊びまくった覚えしかない。 俺は近所の男子と、夏休み中開放されていた学校の校庭で、午後1... すべて読む

お姉ちゃんはね、ある人を待ってるの

いつか治った時、痛みを知ったお前は少し強くなる

身近な人のこと > 会社の人のこと

自分でも理由は分からないが、気が付けば仕事やる気を無くして会社を欠勤し、それが数日続いたある日の夜、怖面ての上司が自宅に来た。 最後通告かな、と思いながら、上司の行きつけら... すべて読む

いつか治った時、痛みを知ったお前は少し強くなる

きっと一番励ましてくれるだろう人が誰なのかは、わかってるから

身近な人のこと > 友達のこと

大学時代の同級生仲間で、1年の時から付き合ってるカップルがいました。 仲良しで、でも二人だけの世界を作ってるわけじゃなく、みんなと仲良くしてました。 私は女の方の一番の友... すべて読む

きっと一番励ましてくれるだろう人が誰なのかは、わかってるから

またどこか出会おうね

身近な人のこと > 関わった人のこと

俺さ、以前病院勤務してたんだ。といっても看護婦や医者とか有資格者じゃないんだけどな。 でさ、掃除しようと思ってある病室に入ったんだよ。 よく知らずに入ったらさ、どうやら患... すべて読む

またどこか出会おうね

日本をたすけてください【自衛隊への手紙】

身近な人のこと > 関わった人のこと

石井3曹に封筒を渡した少女は、名前も告げずに走り去っていった。 少女は、母親と思しき女性の運転する車でやってきて、偶然近くを歩いていた石井3曹に手紙1 件を渡したのである。... すべて読む

日本をたすけてください【自衛隊への手紙】

あれから10年近く経つけど、私たちの関係に変わりはない

身近な人のこと > 自分のこと

高校の修学旅行でパスポートが必要になり、戸籍謄本を取った時に愕然とした。 その日は何も手に付かず、夕飯で両親が揃った時、思い切って問いただした。 最初は鳩が豆鉄砲食らった... すべて読む

あれから10年近く経つけど、私たちの関係に変わりはない

プライドの高い猫が、寝室の真ん中で死ぬことを選んだ

身近な人のこと > ペットのこと

Rの実家は猫好きな一家で、野良猫に餌をあげているうちに家中猫だらけになってしまったそうだ。 (高校の頃遊びに行ったが、ほんとにそうだった。) 住み着いた猫が仔をつくり、そ... すべて読む

プライドの高い猫が、寝室の真ん中で死ぬことを選んだ

缶コーヒー1本、女性用のガウンジャケット、現金で120円

身近な人のこと > 恋人のこと

その日は付き合って3年目の記念すべき夜だった。 しかし、仕事が長引いてしまって約束の時間に帰宅する事ができず、 せっかく彼が用意してくれた手製の料理が冷め、台無しになって... すべて読む

缶コーヒー1本、女性用のガウンジャケット、現金で120円

二度と会えない家族の写真

身近な人のこと > 会社の人のこと

私の前の上司(課長)は無口、無表情。雑談には加わらず、お酒も飲まず、人付き合いをしない堅物でした。 誠実公平、どんな時でも冷静なので頼もしい上司なのですが、堅過ぎて近寄りに... すべて読む

二度と会えない家族の写真

でも、今日私を助けてくれた事には変わりない

身近な人のこと > 関わった人のこと

俺は、どうしようもないヤツで 警察ともめたりとか、喧嘩とか、あほみたいな事ばかりしてた不良ってやつだった そんなある日、あまりに暇だったから学校を無断で抜け出し 駅前ま... すべて読む

でも、今日私を助けてくれた事には変わりない

オマエ退院するまでコレ借してやるよ

身近な人のこと > 友達のこと

俺さ、産まれた時から酷い小児喘息だったのよ。 夜中にかーちゃん起こして病院連れてってもらうなんてしょっちゅうだったし、 小学校あがって更に病状が悪くなって。 もちろん体育... すべて読む

オマエ退院するまでコレ借してやるよ

神様、なんで先輩みたいな人は報われへんかったんですか

身近な人のこと > 関わった人のこと

俺は高校三年生で、野球部を引退したばかりです。 世界で1番尊敬する先輩がいました。 野球は本当に下手で、一度も打席に立たせて貰った事がありませんでした。 それでも毎朝毎... すべて読む

神様、なんで先輩みたいな人は報われへんかったんですか

自衛隊のお兄ちゃんたちが見つけてくれたよ

身近な人のこと > 関わった人のこと

東日本大震災 辺りは酷い有り様だった… 鳥居の様に積み重なった車、 田んぼに浮く漁船、 一階部分は瓦礫で隙間無く埋め尽くされ、 道路さ えまともに走れない… 明る... すべて読む

自衛隊のお兄ちゃんたちが見つけてくれたよ

彼女のすてきなお弁当

身近な人のこと > 友達のこと

小学校高学年のとき、優等生だった。 勉強もスポーツもできたし、児童会とか何かの代表はいつも役がまわってきた。 たしかに、よくいえば利発な子供だったと思う。 もう一人ので... すべて読む

彼女のすてきなお弁当

俺と一緒に居てくれてありがとう

身近な人のこと > 友達のこと

俺は小学校の時にいじめを受けた。 なぜかって?俺だってわからない。 『黒人!』 『外国人』 『死ね』 それが学校での日常だった。 でも、こんな俺にも友達はいた。 ... すべて読む

俺と一緒に居てくれてありがとう

やることあったら言ってくださいね

身近な人のこと > 会社の人のこと

会社で、私の隣の席の男性が突然死してしまった。 金曜日お酒飲んで、電車で気分悪くなって、途中下車して駅のベンチで座ったまま亡くなってしまった。 死因はスカッシュをやって亡... すべて読む

やることあったら言ってくださいね

さよならはいわねえから

身近な人のこと > 自分のこと

ゆいへ なあ?俺もうダメみてぇだ。 なんでだ?お前に出会うまでは 死にたいぐらい毎日が退屈だった。 でも今は俺すげえ生きたい。 なんで病気に勝てねえんだろ? 俺い... すべて読む

さよならはいわねえから

一人の男の子が向かいの団地を見ながら立っていました

身近な人のこと > 関わった人のこと

20年前、私は団地に住んでいました。 夜の八時ぐらいに会社からかえると、団地前の公園で雨の中傘もささず、一人の男の子が向かいの団地を見ながら立っていました。 はっきりいっ... すべて読む

一人の男の子が向かいの団地を見ながら立っていました

1995年1月16日に戻りたい【阪神・淡路大震災のあと】

身近な人のこと > 友達のこと

当時21の私と倫子はその日ちょっとしたことで喧嘩をしてしまった。 明らかに私が悪い理由で。 普段なら隣同士で寝るのにこの日はひとつの部屋で少し離れて寝た。 17日の朝、... すべて読む

1995年1月16日に戻りたい【阪神・淡路大震災のあと】

不思議なカラス、『カー子』との出会い

身近な人のこと > ペットのこと

俺は当時、東京のゴミ埋立地で土木の工事をしていたんだ。 そうしたある日、一羽のカラスが現場に遊びに来るようになったんだ。 ゴミ埋立地という立地上、野生のカラスはそこらじゅ... すべて読む

不思議なカラス、『カー子』との出会い

神戸の人にとって自衛隊はヒーローやねん

身近な人のこと > 関わった人のこと

当事者にとっては、自衛隊がどう遅れたかなんてわからんし、警察も自前の警察署がつぶれて、総がかりで中の埋まった署員を助けようとしてるねん。 でも、その掘ってる横に机を置いて、... すべて読む

神戸の人にとって自衛隊はヒーローやねん
twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ