彼氏、彼女の泣ける話

恋人のこと

恋人の泣ける話というと、一生の別れというのが多いです。

付き合っている時は幸せで、そして幸せなことが当たり前になり、相手が一緒にいることだけで特別なことなんだということを忘れてしまう。

何億人という人の中で出会った二人は特別です。

ついそのことを忘れ、ある日突然二人に襲いかかってくる不幸に後悔してしまう。

そんな別れは想像したくはありませんが、いつそうなるか分かりません。

恋人の話は、涙なしでは読めない話ばかりです。

ありがとね。すごくしあわせだったよ。

身近な人のこと > 恋人のこと

彼女がこの世を去りました。 病死です。 その彼女と出会ったのは7年程前でした。 相手はその頃大学1年生でした。 持病があり、『あと5年生きられるかどうか?』と寂しく笑... すべて読む

ありがとね。すごくしあわせだったよ。

永遠に届くことのないプロポーズ

身近な人のこと > 恋人のこと

2012年夏 付き合って2年になる彼女がいた。 彼女とは中学の同級生で成人してから付き合い始めた。 同窓会で2年振りの再会。 お互いにどんな性格なのか、趣味がなんなの... すべて読む

永遠に届くことのないプロポーズ

ふざけんなよ

身近な人のこと > 恋人のこと

昨日、恋人が死んだ。 病気で苦しんだすえ、死んだ。 通夜が終わって病院に置いて来た荷物を改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛に手紙が入ってた。 よく見たら 「わた... すべて読む

ふざけんなよ

彼女は嬉しそうにしてしばらく黙り、そして泣いた。【痴呆症になった彼女】

身近な人のこと > 恋人のこと

彼女が痴呆になりました。 前から物忘れが激しくて、 ある日夜中に突然昼ご飯と言って料理を始めたり、 ある日突然、私は貴方の妹なのと言ったり。 俺がこれは変だと思い、病... すべて読む

彼女は嬉しそうにしてしばらく黙り、そして泣いた。【痴呆症になった彼女】

もし、まだ俺の事好きでいてくれたら空港のロビーに来て

身近な人のこと > 恋人のこと

俺が25くらいの時の話。 当時働いていた職場に、2つ年下の女の子がいて、めっちゃいい子だった。 当時はお互い恋人がいたから付き合えなかったけど、お互いかなり意識はしていた... すべて読む

もし、まだ俺の事好きでいてくれたら空港のロビーに来て

あと少し頑張って、這いつくばってでも、生きてみます

身近な人のこと > 恋人のこと

『いっぱいの幸せをありがとう。』 『私は幸せ者だ。』 『だって、最期にあなたの顔を見れたから。』 『これも日頃のなんとやら、なのかな?』 病室のベッドで手を握りながら... すべて読む

あと少し頑張って、這いつくばってでも、生きてみます

喋ることができない女と知り合った

身近な人のこと > 恋人のこと

2ヶ月ほど前に、ひょんなことから喋ることができない女性(生まれつき) と知り合ったんだが聞いてくれんかい? 聾唖者(ろうあしゃ)って言うんだよね。 2ヶ月前に、くそ寒い公... すべて読む

喋ることができない女と知り合った

長く付き合うと、やさしくなくなるんだなぁ

身近な人のこと > 恋人のこと

今年の5月まで付き合っていた彼の話。 料理が好きで、調理場でバイトしていた。 付き合い始めのころ、私が作った味噌汁に溶け残りの味噌が固まって入ってたことがあった。 飲み... すべて読む

長く付き合うと、やさしくなくなるんだなぁ

顔を見たら、彼女は泣いていた

身近な人のこと > 恋人のこと

ちょっとした話しです。 前付き合ってた人との話し。 ある日、俺は彼女(元カノ)にメールしました。 『そうえばさぁ最近会ってなかったから明日デートしない?』と。 しばら... すべて読む

顔を見たら、彼女は泣いていた

私はアンタと結婚してるつもりだから

身近な人のこと > 恋人のこと

年下の彼氏がいた。 私が30歳で彼が22歳。 大学生だった彼は社会人の私に頭が上がらなかったみたいで、付き合いはじめて3年たってたけど将来の話しなんてひとつもしなかった。... すべて読む

私はアンタと結婚してるつもりだから

愚かな俺にもう一度彼女を会わせて欲しい

身近な人のこと > 恋人のこと

俺には可愛い彼女がいた。 性格は素直でスタイルも良かったが、周囲からは 「えwあの女と付き合ってるのwwwお幸せにw」 とよく馬鹿にされた。 彼女は頭が非常に弱かった... すべて読む

愚かな俺にもう一度彼女を会わせて欲しい

今から彼女に渡します

身近な人のこと > 恋人のこと

俺には3年付き合った彼女がいたんだけど、2年前のある日彼女が事故に遭いました。 (俺と会う約束をしてて青信号を急いで渡ってたら右折した車にはねられた。) すぐ病院に運ばれ... すべて読む

今から彼女に渡します

やらないで後悔するより、やって後悔したほうがいいんじゃない

身近な人のこと > 恋人のこと

高校時代に付き合って彼女が口癖だった言葉。 「やらないで後悔するより、やって後悔したほうがいいんじゃない?」 別れた後も、何故か手紙のやり取りはしていた。 でも、ある時... すべて読む

やらないで後悔するより、やって後悔したほうがいいんじゃない

ゲームセンターで出会ったのは、少し不思議な女の子でした

身近な人のこと > 恋人のこと

俺はといえば、大のゲーセン好きだった。 格ゲーにアケカードゲーに音ゲ、割となんでもやってた。 というより、そのゲーセン独特の雰囲気が大好きだったんだ。 俺は趣味といえば... すべて読む

ゲームセンターで出会ったのは、少し不思議な女の子でした

悩みがないなんていいね

身近な人のこと > 恋人のこと

私が彼と最初に出会ったのは会社の懇談会でした。 ふとしたことから一緒に遊ぶようになり、付き合いはじめました。 私はもともと打たれ弱い性格だったので、彼にグチってしまうこと... すべて読む

悩みがないなんていいね

最期までバカですね

身近な人のこと > 恋人のこと

大好きなあなたは、今も笑っているのでしょうか。 小さいころなぜかおじいちゃんに引き取られた私(当時7歳)は、そこで三人の男の子に出会いました。 9歳のすごい元気なLと12... すべて読む

最期までバカですね

年上だった彼女は今では僕の方が年上です

身近な人のこと > 恋人のこと

今から6年前の話です。 僕がまだ10代で、あまり携帯電話は普及してなくてポケベル全盛期の時代のことです。 僕はその頃高校を出て働いていたんですけど2つ年上の女性と付き合って... すべて読む

年上だった彼女は今では僕の方が年上です

お前の命は絶対に無駄にしない

身近な人のこと > 恋人のこと

その頃俺は医学生だった。 彼女もいた。 世の中にこれ以上いい女はいないと思うくらいの女だった。 しかし、彼女は若いのにもかかわらず、突如として静脈血栓塞栓症でこの世を去... すべて読む

お前の命は絶対に無駄にしない

ゆきをとってきて、おねがい

身近な人のこと > 恋人のこと

「ゆきをとってきて…おねがい、ゆきがみたい…」 あなたはそういって、雪をほしがりましたね。 季節外れの雪を。 あれから何年も時が経ちました。 あなたは、ゆっくり休めて... すべて読む

ゆきをとってきて、おねがい

前から思ってたけど、私達似たもの同士だよね

身近な人のこと > 恋人のこと

彼女に大事な話があるから呼び出した。 彼女も俺に大事な話があると言われて待ち合わせ。 別れるって言われるのかと思ってビビりながらいつものツタヤの駐車場に集合。 お互い大... すべて読む

前から思ってたけど、私達似たもの同士だよね

辛いことがあったら、私が支えになってあげる

身近な人のこと > 恋人のこと

親父がサラ金で、借金つくって逃げた。 とうの昔に別居していた母さんと住む事になった。 友達にも母さんにも明るく振る舞ってるけど、正直参っている。 「あんたは強い子やな」... すべて読む

辛いことがあったら、私が支えになってあげる

缶コーヒー1本、女性用のガウンジャケット、現金で120円

身近な人のこと > 恋人のこと

その日は付き合って3年目の記念すべき夜だった。 しかし、仕事が長引いてしまって約束の時間に帰宅する事ができず、 せっかく彼が用意してくれた手製の料理が冷め、台無しになって... すべて読む

缶コーヒー1本、女性用のガウンジャケット、現金で120円

マジで天国あるなら早く死んで彼女に会いにいきたい

身近な人のこと > 恋人のこと

俺も元カノ死んだよ。もう何年も前だけど。 中学のころ親父が死んでもたいして泣かなかったが、これはボロ泣きした。 彼女とは3年ちょい付き合って、俺のわがままでうまくいかなく... すべて読む

マジで天国あるなら早く死んで彼女に会いにいきたい

憶えててくれるかなあ

身近な人のこと > 恋人のこと

君が死んでから、もう1年。 君は今も僕を、見守ってくれているのかな? 君は、僕の生まれて初めて出来た彼女だった。 すごく嬉しくて、幸せだったなあ。 突然、白血病だって... すべて読む

憶えててくれるかなあ

よーし〇〇君のことずっと見守ってるぞー

身近な人のこと > 恋人のこと

昨日、恋人が死んじゃったんです。病気で。 そしたらなんか通夜が終わって病院に置いて来た荷物とか改めて取りに行ったら その荷物の中に俺宛に手紙が入ってたんです。 で、よく... すべて読む

よーし〇〇君のことずっと見守ってるぞー
twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ