両親の泣ける話 - (3ページ)

両親のこと

子どもは親を選んで生まれてこれるわけではない。

親も子どもを選んで生んでいるわけではない。

だけど、両親は自分達の元に生まれきた子どもを溢れんばかりの愛情をもって育てる。

時には、両親が離婚したり、突然の事故で会えなくなってしまうこともあります。

そんな両親に、読んだ直後から親孝行をしたいと思わせるようなコピペを集めてみました。

サブカテゴリから探す

幸せにな、瀬奈【父親が、結婚する娘に残したお祝いメッセージ】

両親のこと > 父親のこと

真っ赤なバージンロードを、純白のウエディングドレスに身を包んだ花嫁が歩く。 この日の式場も混み合っていた。 贔屓目に見なかったとしても、この日一番の花嫁さんだ。 「なぁ... すべて読む

幸せにな、瀬奈【父親が、結婚する娘に残したお祝いメッセージ】

お父さん肺がん見つかったんさ

両親のこと > 父親のこと

俺は今大学四年一人ぐらし、医療系の大学通ってる タイトル通り、親父が癌になった って言っても癌になったのは俺が大学2年の時で 今から大体2年前くらいかな、 その2年ま... すべて読む

お父さん肺がん見つかったんさ

ごめんね、母ちゃんもう年だから。

両親のこと > 母親のこと

今日珍しく俺は母ちゃんを外食に誘った。 行き先は昔からよく行く馴染みのラーメン屋だった。 俺は味噌大盛り、母ちゃんは味噌並み盛りを頼んだ。 「昔からここ美味しいのよね」... すべて読む

ごめんね、母ちゃんもう年だから。

これ、母さんの宝物なんよ

両親のこと > 母親のこと

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんてなかった だから写真の変わりに母さんが色鉛筆で俺の絵を描いて、アルバムにしてた 絵は上手じゃない ただ、どうにかして... すべて読む

これ、母さんの宝物なんよ

カーチャンの七不思議

両親のこと > 母親のこと

夜には疲れた顔してたのに、朝には早起きして弁当作っててくれる。 夜遅く帰っても他の家族は寝てるのに、カーチャンだけ起きてる。 俺が疲れていることを、何故か把握していて、栄... すべて読む

カーチャンの七不思議

行ってきます【母と交わした最後の言葉】

両親のこと > 母親のこと

僕のお母さんは、癌で死にました。 今僕は中学1年ですが、小さいころから母は何度も入院したりしていて、子供ながらに何でだろうと思っていました。 小学5年生の時ぐらいから、母... すべて読む

行ってきます【母と交わした最後の言葉】

細くなった背中は震えてた

両親のこと > 父親のこと

もうすぐ51歳になる5月を目前に余命宣告をうけたお父さん。 体調良くないわぁ。。 と、こぼしてたけど『仕事が忙しいせいだ』と誰も疑わなかった。 咳が止まらなくなり、よう... すべて読む

細くなった背中は震えてた

サキのためにビデオを三本残します

両親のこと > 母親のこと

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 その時、サキちゃんはまだ2歳。 「あなた、サキのためにビデオを3本残します。 このビデオの... すべて読む

サキのためにビデオを三本残します

言い付けを守れなくてすみません

両親のこと > 父親のこと

お父さん 「男は人前で泣くものではない」と厳しく言ってましたよね。 だから、お父さんが亡くなる時も通夜でも葬式でも 俺は決して泣かなかったのです。 あの頃、まだ幼稚園... すべて読む

言い付けを守れなくてすみません

パパになったたけしへ

両親のこと > 父親のこと

俺の母親は俺が十二歳の時に死んだ。 ただの風邪で入院してから一週間後に、死んだ。 親父は俺の二十歳の誕生日の一ヶ月後に死んだ。 俺の二十歳の誕生日に入院中の親父から手紙... すべて読む

パパになったたけしへ

あの時、母ちゃんどんな気持ち抱えてたんだ

両親のこと > 母親のこと

母ちゃんは、俺が4つの時病気で死んだんだ。 ぼんやりと覚えてる事がひとつ。 公園でいつも遊んでた。 夕方になると、みんなの母ちゃんが迎えにくるんだ。 うちの母ちゃんは... すべて読む

あの時、母ちゃんどんな気持ち抱えてたんだ

手の震えが止まらず上手く卵が焼けない

両親のこと > 母親のこと

私の母は昔から体が弱くて、それが理由かは知らないが、母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えないほど質素で見映えの悪い物ばかりだった。 友達に見られるのが恥ずかしくて、毎日食... すべて読む

手の震えが止まらず上手く卵が焼けない

母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい

両親のこと > 母親のこと

京都市伏見区桂川河川敷で2月1日、無職片桐康晴被告が、認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が19日に行われた。 事件内容は認知症の母親の介護で生活苦... すべて読む

母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい

五年後の話をしてくれないか

両親のこと > 父親のこと

昨日、親父の七回忌だった。 うちは本当に貧乏でさ、商売やってたんだけど、つぶれてシャッターがおりてる店がほとんどの寂れた商店街の隅っこに店があって、それでも「店で待っていて... すべて読む

五年後の話をしてくれないか

何があっても、お母さんはあなたの味方です

両親のこと > 母親のこと

大学の時、私は実家を離れて一人暮らしをしていました。 一人暮らしに慣れて、なかなか実家に帰らずじまいでした。 ある日、まだ講義を受けている時間に、母から電話がかかってきて... すべて読む

何があっても、お母さんはあなたの味方です

お母さんのアザを治療しに病院についていった

両親のこと > 母親のこと

昔から、俺の母さんには顔の左半分に大きなアザがあった。 小学生の時なんか、授業参観は嫌で嫌で仕方なかった。 だって、恥ずかしかったから。 クラスメートは授業中も時々後ろ... すべて読む

お母さんのアザを治療しに病院についていった

メロンパン

両親のこと > 父親のこと

ふと気がつけば、もう随分と昔の話。 学校帰りに東武のデパ地下を通りかかると、丁度パン屋でメロンパンが焼きあがったところだった。 試食させてもらうと中々美味かったので、俺は... すべて読む

メロンパン

ほな、残ったご飯でおにぎり作って

両親のこと > 母親のこと

おととしの、秋の話しです。 私が小学校5年の時に家をでて居場所のわからなかった母に、23年振りに顔をあわせました。 祖母の葬式の時です。 その時、母の家に遊びに行く約束... すべて読む

ほな、残ったご飯でおにぎり作って

今日からこの人がお前のお母さんだ

両親のこと > 母親のこと

俺を生んでくれた母親は俺が2歳の頃に死んだ。 後の親父の話では元々、体が丈夫な人じゃなかったらしい。 俺が6歳の頃に親父が再婚して義母がやってきた。 ある日、親父が「今... すべて読む

今日からこの人がお前のお母さんだ

もし、あなたに何かあったとしても『死にたい』なんて言わないでください。

両親のこと > 母親のこと

私は今、15歳です。 中学校を卒業し、高校も決まりました。 そんな私が、中学時代に体験した話です。 私はクラスで軽いいじめにあっていました。 誰が助けてくれることもな... すべて読む

もし、あなたに何かあったとしても『死にたい』なんて言わないでください。

孫が生まれたら毎日子守してやる

両親のこと > 父親のこと

去年3月に定年を迎えた父に兄と私で携帯電話をプレゼント。 退職前は携帯などいらんと言っていたがうれしそうだった。 使い方に悪戦苦闘の父に一通り教えてまずメールを送ったが返... すべて読む

孫が生まれたら毎日子守してやる

お前は体が弱いから

両親のこと > 父親のこと

小学校低学年でガンを患って以来、えらい病弱になった。 元々体は弱かったけど、ここ数年は年を重ねていくごとに弱っていくような感じだった。 冬なんて学校を休むのはいつもの事だ... すべて読む

お前は体が弱いから

母が、35年間保管していた母子手帳

両親のこと > 母親のこと

今年の6月に母が亡くなった。 火事だった。 同居していた父親は外出していて、弟は無事に逃げる事が出来たのだけど、母親は煙に巻かれて既に駄目だった。 自分は違う地方に住ん... すべて読む

母が、35年間保管していた母子手帳

神様、おとうさんを早くあたしに返してください

両親のこと > 父親のこと

だいすきなおとうさん。 いつも一緒に笑ってた。 いっぱい喧嘩した。 いっぱい殴り合った。 いっぱいいっぱい迷惑かけた。 あたしが問題起こしたときも。 ちゃんと怒っ... すべて読む

神様、おとうさんを早くあたしに返してください

産んでくれなんて頼んだ覚えは無いよ

両親のこと > 母親のこと

私が中学生くらいの頃、ちょうど反抗期真っ最中だった。 私は母と些細な事で喧嘩になり、母から「そんな子に育てた覚えはない!」と言われました。 売り言葉に買い言葉で「産んでく... すべて読む

産んでくれなんて頼んだ覚えは無いよ

俺は最愛の妻と、最愛の母を守る

両親のこと > 母親のこと

俺の家は貧乏だった。 運動会の日も、授業参観の日さえも、オカンは働きに行っていた。 そんな家だった。 そんな俺の15歳の誕生日。 オカンが嬉しそうに俺にプレゼントを渡... すべて読む

俺は最愛の妻と、最愛の母を守る

彼女できたか

両親のこと > 母親のこと

おまいら、かあちゃんの歳はいくつだ?俺のかあちゃんは65歳だ。 しかし、癌を患ってしまいもう1ヶ月ほどしか命がないらしい。 告知はしてないが、遅かれ早かれ死ぬことは自分で... すべて読む

彼女できたか

"はじめまして"と握手しながら口パクでいったんだ

両親のこと > 父親のこと

医師であった父は下咽頭癌だった。 数年前から首のリンパのあたりが腫れていて、検査では異常なかったのに。 まさかの末期癌と宣告されたみたい。 その時私は学校にいた。 母... すべて読む

"はじめまして"と握手しながら口パクでいったんだ

父にとって、私は誰よりも何よりも大切な宝モノなんだって気づいた

両親のこと > 父親のこと

反抗期の時の話しなんだけど、今でも忘れられない。 幼い頃からずっと片親で育ってきた私は、父親と二人暮らしをしてた。 友達や親戚、誰から見ても、私を大事に宝物の様に可愛がっ... すべて読む

父にとって、私は誰よりも何よりも大切な宝モノなんだって気づいた

その紙には数字の羅列が書いてありました

両親のこと > 父親のこと

ポケベルがはやっていた時、私の父親もポケベルを持っていたんだけど、私がいくら説明してもうまく操作できなかった。 父親はその時から癌におかされていて、父親が死んだ時、病室の引... すべて読む

その紙には数字の羅列が書いてありました
twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ